recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

内部事情

f:id:recipenomori:20210906020600j:plain

私の部屋はジムになった

f:id:recipenomori:20210906020645j:plain

やっぱり、小さい部屋だった

この2つしか入らなかった。笑 引越ししたいと思う訳だ。テンポラリーの家と言えども、狭いよ、この家。次に住む家は、この倍くらい欲しいと私は思うけど。私が欲しい家には、ガラス窓の大きな、日当たり良好な、植物&猫部屋と、この様な、どんな悪天候でもへっちゃらな、エクササイズルームと、野菜が作れて、ニワトリやハニービーが飼える大きめの庭が欲しい。

 

今の様な状況に置かれ、やってみたい事を我慢すると、生きる事に対して脱力してしまう。人生は好きな様に楽しむべき。その為に毎日頑張るのだから。

 

とは言うものの、そこには、誰が作ったか分からない、いつからあるのかもしれない、社会の仕組みが、壁となって現れる。それも、うーんとウザい壁。笑 将来を見つめ、どんな職業が自分にとって一番有利だろうか?と考える時に、このウザい壁は現れるのだ。

 

先日、眞子様が学芸員の資格をお持ちなのでアメリカでも仕事ができる可能性がある と言う話を聞いて思い出したことがあったのだ。博物館などの、コンサベーションの仕事を目指してた娘が、その進路を変更した理由が、まさに、壁。調べれば調べる程、コンサベーションの仕事は、狭き門と言うのが分かったと言っていた。

 

眞子様が目指す学芸員(キューレター?)のお仕事も、同じくな様で、コネクションがすべてな所があるらしいと言われてる様だ。娘が目指していた仕事の、「作品の保護」に関する仕事=コンサベーションも、そのうちの一つ。だが、実際に仕事を貰えるまでの道のりが異様に長く、その間は、ほぼ、ちゃんとした仕事に就かず、給料が安いならまだしも、無給のボランティアだったりと、見習いの身分が続く。30過ぎまで金銭的に実家のお世話になれる人のみに開ける道らしいのだ。

 

何処か時代遅れなシステムではなかろうか?と私は思うのだが、 そんな事なので、実家がお金持ちの人しか、コンサベーションの仕事に就けないと言う結果になるらしい。プラス、やっぱり、白人ばかりの世界なのだそうだ。要するに、その手のお仕事はお金持ちの、それも白人が独占してる状況らしい。

 

そして一度仕事を貰ったら、なかなかリタイアせずで(あるある?)、いつまでもそのポジションがオープンする事はない。最近では、こんなシステムに反発する若者が増えて、システムを変えるべきだ!と学生たちは声を大にして言ってるらしいのだが、その声が届く事はない様だ。コネのあるものだけにオープンされた世界は変わる気配はない。

 

そんなのをリサーチして知ってしまった娘は、その仕事に近いエリアでと大学院へ進学した。更に、何処にでも転べるスキルを習得できる勉強なので、最悪、自分の目指す職種でなくても、企業で雇って貰えるだろうと言う事。世の中の仕組みに従って、自分に負担がなく、挫折の少ない道を選んだのだった。運悪く、娘は良家のお嬢ではない。

 

でも、娘には、アートと言うタレントがあるので、いずれは、その道で道を究めるんじゃないか?と私は期待している。結局、生活する上で糧になるモノ、しかも、確実に収入がある仕事に就いて、足元を固めてからでも、タレントは、まだまだ使えるわけで、今現在に置いて、娘のした選択は賢い選択だと思うし、なんたって、学歴が上がれば、給料も上がるのだろうから、アートメージャーで卒業した娘には、更に上の学校へ進んでディグリーを貰う事は必須だったのかもしれない。

 

娘は何よりも安定を好む。心配事はセンシティブな娘には負担が大きすぎるのだ。一方、息子は、何よりも楽しい事が優先な、呑気な性格である。先日、出かけた時に車の中で夫とこの様に話していた。夫も頷いてた。笑

 

何回も言う様だけど、アートメージャーで就職しようと思ったら、給料が安いのは覚悟の上。どうしてもと言うなら、ダブルメージャーで就職し易いメージャーをもう一つ選んだ方が、後の人生、生き易いかも。(警告?)

 

そして、眞子様のウィキを読んでて、ご本人の努力もあるのだろうけど、ご立派なご経歴。普通の家庭出身ではこうは行かないだろうなと思わせる。なるほど、コネクションがすべての世の中なだぁとプチ挫折を味わう程。羨ましい限りである。インターンを貰うのも難しいのに、この経歴は、同じところを目指す人には、ジェラス の一言ではなかろうか?と思ったりした。笑

 

が、自立しなければならない分、他人を当てにせず、慎重に人生の選択をし、賢く立ち回れるアイデアも浮かぶんだろうと、娘にとっては、それはそれで、今後の人生を歩むうえで、重要な経験だったに違いないだろうと思った。世の中の仕組みを早めに理解し、文句ひとつ言わず、自分なりに と努力し続ける覚悟が出来ているのだから。

 

そして、私は思う、Higher Education(大学、大学院) 、勉強するなら、やっぱり、STEM!なぜならば、実力、努力次第で何とかなりそうだから。笑 (それでもコネが重要なアメリカなんだけどね~)

 

しかしだ、皇室を出られて一般人になられるって、娘の様に苦労するって事なんだろうけど、良いのかしらね?それで。皇室コネクションだけは、そのままキープなのかしらね?・・・やっぱり、羨ましいわね。笑