recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

土用期間も後ちょっと

f:id:recipenomori:20210803231428j:plain

折角開発したお惣菜パンも食べれない

土用期間中は、断食+ケトジェニックダイエットと言う、新習慣を始めた私。ライフワーク化してる、お惣菜パンのレシピ開発で作った、このナンカレーパン。ダイエット中で試食が出来ない。夫は食べても批評の言葉数が少なく意味がない。息子は不定期な仕事スケジュール=不定期な食事で間食のチャンスが全くない。娘は他州にいる。折角作ったこのパンはいまだ冷蔵庫。今日は食べてもらいたいのだが。

 

今日は、目標の56㎏を達成。今後この体重を保つには、リバウンドを計算したうえでの体重設定が大事。ケトは必ずリバウンドが少なくっても+2㎏はある。これは殆どが体内の水分の量。あらかじめもう少し痩せておかないといけないので、土用期間が終わるまで続けようと思った。

 

水分が体から出て行くからシワが増えるんじゃない?と思う人はもう少しケトを理解した方が良いかも。その逆で肌に張りが出るのが特徴。ゲランの美容液(これ凄いよ!)とケトジェニックダイエットで目の周りのシワはうんと改善された。シワが出来るならお腹。お腹の脂肪が急になくなるから、お腹はシワシワになりやすい。

 

綺麗に痩せやすいので、私はケトジェニックダイエットが気に入っている。私にとって本当になくてはならない習慣になりそう。昨日から最後の搾りで1日1食を始めた。最後は24h+で解毒してそれで終了にしようかと思ってる。今までやったケトは終了後がいつも失敗で、急に炭水化物(糖質)を食事に導入してしまう。今回はこれに気を付けて、終わっても、ケトもどき食にしようと思ってる。徐々に脂質を減らし、徐々に炭水化物を導入。タンパク質は1日に必要な分しかとらなくって良いので、同じ量か少し少な目に取るようにしようかと思う。

 

私のGP曰く、何を抜いちゃいけないかって、タンパク質だと言っていた。摂取するタンパク質は、動物性でも、植物性でもどちらでも良いと。ただ、私が思うに植物性だけにすると糖質が増えるので、だからベジタリアンは、ぶよぶよな体になりやすいんじゃないかな?って思う。やっぱり、肉も適度に食べないといけないのが人間の体なのかもしれないと思ってる。実に厄介な生き物だと、改めて思うわ。笑

 

土用期間が終わったら、やっとお庭で土いじりが出来る。する事沢山で、また忙しくなりそう。ボンビー暇なしって私の事だと思うわ!笑 暇な時間なんか私の人生にないみたい。する事が常にある。故に、命式に官星が4つもあるのだろう。(趣味の四柱推命)

 

そうそう、私の命式、母子手帳の出生時間の手書きの数字が解かりにくく、4時なのか6時なのか分からなかったが、人生55年以上生きてると、どっちの命式が自分なのかと比べたら、やっぱり6時の方じゃないか?と分かるのだが、その前に、他の人の手書きの数字と比べたら、あの数字はやっぱり4ではなく、6だろうと言う結果になった。で、私の命式は更に複雑になった?かどうかは、もう少し勉強してみないと解からない。

 

そして最近気が付いたのだが、海外生まれの人の命式。娘の中国人の友達曰く、一度中国の時間に直してからじゃないとダメだと言っていた。算命学は生れた日までなので、時間までは影響しない様だけど、四柱推命は時間までピンポイントで、それは西洋占星術と同じ。で、私もそれって大事かもしれないと思ってる派で、なんと、夫も実は、誕生日の次の日生まれにした方が、夫らしい命式なのでは?と思ってる。娘もアメリカ生まれなので、夫と同じだと思ったり。

 

娘に官星が無い事が疑問だったが、次の日にすると、官星が三柱中にハッキリ現れる。働き者の娘に官星が無い事が不思議でたまらなかった。まあ、アメリカ時間でも、娘は夜中生まれなので次の日生まれって言ってもおかしくない。

 

で、夫がもし、誕生日の次の日の命式になれば、私との相性がグーンとよくなる。笑 私は戊寅で、夫は、出生時間を直さずにそのままだと、壬申で私とは天剋地冲の関係だが、誕生日の次の日は癸酉なのだ。そして更に、癸酉は私の月柱でもあるから、律音。運命的に強いつながりがあることを意味する?でも、天剋地冲は結婚に良くないと言うけど、縁は強いと言うのよね。私もその通りだと思う。天剋地冲の人とご縁があったのは、夫一人だけではなかったものね。要するに別の性質同氏は逆に結びつきやすいのかも。嫌な奴ほど気になる存在なんだろうね。笑 良く言うじゃん?

 

更に、結婚と言うのは、相性のいい人と結婚するんじゃなく、縁のある人と結婚する。と言うフレーズを何処かで読んで、ああ!その通りだと私も思う!と納得した。結婚なんか試練でしかないもの!ははは!!!めんどくさ!の連続。けど、今になって思うけど、今回は、家庭中心の暮らし!って、私は決めて生まれて来たに違いないと思ってる。

 

官星が4つもある働き者の私が仕事を持ってない事が、不思議でしょうがなかったけど、家庭の運営局主任と思ったら、私以上に適職いないやん!って事になった。きっと前世は仕事オンリーのカタブツ人間だったに違いないなって自分では思ってる。まあ、こんな歳になると、来世もなんとなく予測できるのだけど、次は、また、お仕事人間に戻りそう。笑

 

今世は、前世の反省を含め、家庭に入って、毎日ボランティア専業主婦だけど、来世はまた、お仕事人間に戻ると、なんとなく予想してる。そして、来世は医者になろうと今から決めている。動物でも人間でもどっちでもいいや。と言うのも、私は医学の世界が好きだし、それらの知識が頭に入りやすいと自分で気が付き始めた。

 

余談:この前、カート・コバーン(ニルヴァーナ)の亡くなる前のインタビュー聞いて、ウィキにある自殺した時の彼の遺書を読んだのだけど、そのインタビューで、アナトミー(解剖学)に魅かれるって言っていた。そして、ある小説の登場人物が自分と凄く似ていると言って、何回もその本を読むのだと。その小説の内容をざっと説明すると、その登場人物は、嗅覚が動物的に良く、人のが嫌いで、人のニオイを嗅ぎたくないから、森の中でひっそり暮らす人。らしい。やっぱり、チョットあっち側な人なんだ!と、インタビューを聞いてて私は思った。そして、実にうちの娘っぽい事を言う人だと思った。笑 娘もこのタイプ。彼の話を聞いて、遺書を読むと、この世で生きるのが辛くなって来たのだろうねと、妙に納得。またをそれを理解できる私も怖いなって思ったわ。笑 

 

以前、国務省の医務官と話している時、「君は薬に詳しいね」と言われたことがあって、その時、自分でもなるほどと思った。そう言えばそうね、頭の出来は悪いけど、医学系の話は頭のスイッチがオンになり、そう言うのが割とすんなり頭に入って来て自然に覚えるよね。って。娘のボーイフレンドは、ナーシングスクール在学中の勉強で薬の知識を覚えるのが一番大変!と言っていたし、私のは、ある意味、適性?と思ったりした。

 

まあ、今世はバケーション人生と言う風に決めてきたのだと思うけど。いろんな国にも行けたし、余生も引き続き海外と縁がありそうだし、命式通りの人生になってると私は思ってる。

 

だから、専業主婦である事を私は恥じてないし、専業主婦を馬鹿にする人を見ると、未熟者めが!って思う。人生は、その人がそうしたいと思ってしてる事にすぎない。それを他人がとやかく言うって時点で、アホな事なのよね。ジェンダーについてもそう。自分の頭の上のハエすら負えない人間が、人の人生の選択について、とやかく言うなんて、みっともない程、アッホ!って、本当に余計なお世話なんだと思う。まあ、この世の中、それに気が付いてない人がそれくらい沢山いるって事よね。そう言う人には、人生とはと言うのが良く見える眼鏡プレゼントしたいわ!私の目は、ほぼ20/20よ!笑