recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

引越しのシーズン(過去)

f:id:recipenomori:20210723233637j:plain

娘が残して行ったモンステラ

私の部屋になる、娘の部屋に鎮座する、モンステラ様。存在感あり過ぎ!私のデスクが入らないので、この方はどこかにお引越しなのだけど、いい場所があるかしら?この家の中で。リビングが暗い家が好きでない理由はこれなのよね。私の植物達が元気なくなるから。かといって、狭い部屋に置いとくにはデカすぎるよ、これは。次に引っ越す家には必ず、植物&猫用の明るい部屋がある家にしたいわ。窓が大きくって窓ばかりな部屋。

 

7月から8月にかけては、引っ越しシーズンだった。過去形よ、過去形!アメリカのディプロマットには、サイクルが2つあって(あった)夏と冬。学校の長い休みがある時期に引っ越す様に出来ている。私達は、夏サイクル。子供の事を優先して夏しかないだろうと思っての事。けど、オーストラリアじゃ、学校のサイクルが全く違うので、途中から編入になった。けど、子供がまだ小学校だったので全然平気だった。今思えば、中学までは遊んで暮らしても、余裕で成績取れる海外の学校。あんなに、勉強、勉強とうるさく言う必要なかったなって思うわ。(特に日本語)

 

まあ、ベネッセだ、何だって、日本語をあの時期にやらせたから、今は流暢に話せるのだろうけど、その他の学校の勉強は、マジで鼻*そほじくりながらでも出来たかもね。笑 引越しが多かった割には学力的にそんなに落ち込む事もなく、大学も、そこそこの大学へ進学できたので、まあ、いいかな?って思ってる。

 

けど、さすが外交官のうちの子だと思うのだが、他人の家含め、子供達の同級生は皆、そこそこの大学を卒業してるよね。環境良ければ子供は上手く育つんじゃないかしらね?まあ、家によってだろうけど。毒親などがいる家では、どんなに環境的に良くってもね~。とこの前の話に繋がる?

 

recipenomori.hatenadiary.com

 

ある程度上のランクの人達のお子さんは、難関私立校って言うお子さんもいるけど、私等みたいな、庶民的な国家公務員のうちの子は、州立フラッグシップ校が多いね、やっぱり。娘の卒業した大学への進学は良く聞くのよね。同じ西宮の領事館宿舎に3人も居たんだわ、そう言えば。今思い出したわ。娘も仲間入りしたと言う事だわね。娘の大学は、海外からくる子が多いし、アジア人がめっちゃ多いから、インターからも大勢の子が進学してるようだよ。一応世界ランキングの上の方に入ってる大学だからね。

 

息子の大学も州立だけど、テキサス人に人気なので、しかも、有名なのが、エンジニアリング(工学部)、ヴェトリナリー(獣医学)、アグリカルチャー(農学部)と特殊で、その他は、まあまあな大学だから、インターナショナルスクールから来る子は少ないんじゃないかな?良くは知らないけど。こちらも一応世界ランキングに入ってるけどね。そうそう、ランキングは当てにならんので何とも言えないけど、最近、工学部は、テキサスでは、No.1になったらしい。まあ、USランキングなんか、どうでもいい事なんだけどね。笑 (当てにならないから)

 

そう、数多い転校を経て、そこそこの大学を卒業したうちの子供達なのだが、毎年この時期は忙しかったのを思い出した。出たり入ったりする、領事館、大使館の職員たちの送別会やら、なんやらで、この時期は、社交+引っ越し準備だったりして、移動の飛行機乗ってホッと一息なんて、毎回だった。そんな生活だったので、子供達は、赤ちゃんの時から飛行機移動をよく心得てる。大人しく14時間飛行機に乗れるのだった!たまに、泣きわめく2歳児 とかが同乗してると、私より、子供達の方が批判的で怖い。笑 「あなた達も、あんなには酷くなかったけど、うるさい時期があったんだから、我慢してあげなさい。」ってこっちが言わなければならなかった。

 

私達の引越しは、意外に楽な方だったように思う。子供も2人だけだし、ペットも猫一匹だったし。たまに、子供達+ペット*匹!っていうチャレンジャーがいたりして、ご苦労様です。と思ったものだった。あれは大変だよ。しかも、夫と一緒に移動できればいいけど、たまに、夫はDC、奥さんと子供は実家へ里帰りと言うケースもありだろうから、それは大変だなって思う。人間にはないけど、ペットには検疫期間があるからそれも大変。なので、友達には、「動物は絶対に飼うな!で転勤族やってるうちは!」って言いまくってた。けど、飼うよね、皆。笑 どうしてだろうね?大変なのに。。。

 

最近じゃコロナもあるから、海外への動物の移動ってどうなんだろうね?コロナの検査もするのかしら、動物も。ややこしや。とにかく、人間の引越しも大変だったけど、動物のも大変だったわ。動物も可哀想だしね。よく頑張ったよな、ハンナ。(猫)

 

そんな暮らしをしてたせいか、娘は、3年以上同じところにいると飽きる!とハッキリ言っている。笑 特にテキサスは、つまらないらしく、他州に引っ越せて喜んでるのではないかな?まあ、行った先も結構地味な所だから、そのうち飽きると思うけど。笑 まあ、勉強が第一で、その次が仕事で、大学内から出ることはめったにないだろう、日常になるだろうから、つまらなくってもそれなりに、慌ただしく充実した毎日になるだろう。娘は働き者。

 

私達は、早くテキサスから出なければならないと言いつつ、いっそのこと、アメリカから出たいかもなって思ってる、テキサスに残された3人なのだ。笑 息子は金がなくって出られない。私達は荷物が多いのと、何処に引っ越せば良いかが分からない。しばらくは、このテキサスの田舎に留まるのだろうと思っている。

 

毎年この時期になると、飛行機乗りたい!と真剣に思う私は、結構引越しの多い暮らしが好きだったのかもしれないと、最近は思う。同じところに、生まれ育って、結婚してからもずーっと同じ都市に住んでる、学生時代の友人達には想像ができない、渇望だろうなって思うわ。私からすると、彼等の様に、同じところに何十年も住めるという事が不思議なんだけどね。笑