recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

古い物+好きな物=Vintage

f:id:recipenomori:20210713002913j:plain

ヴィンテージのGoody

結局、好きな物を長く所有してると、ヴィンテージになる。笑 このGoodyという、アメリカのスーパーマーケットで買える、安っちい、ヘアケアグッズの会社のプラスチック製のクシが、50ドルでメルカリに出てた。笑

 

勿論、このクシは、私のお気に入りなので、売りはしないけど、息子の言う様に、プラスチックって、マジで半永久的ね。まだまだ、使い勝手がいい。たぶん私より長生きしそう。笑笑 娘に貸していたのが、引越しの為、戻って来た。

 

f:id:recipenomori:20210713004218j:plain

ガレージセールで5ドルだった陶器の小物入れ

お金のなかったシカゴ時代にガレージセールで買った陶器で作られた、ハンドペインティングの小物入れ。これも立派なヴィンテージ。もしかすると、アンティーク?5㎝角の小さな小物入れは、ジュエリー入れとして使い勝手がいい。これも捨てる気全くなし。

 

f:id:recipenomori:20210713004607j:plain

英国製、Dean&キャスキドのリバーシブル・テープメジャー

洋服屋には必需品?この英国製のDeanのテープメジャーは、表がcmで、裏がinchなの。インポートを扱う、私がいた店では、使い勝手がいいのなんの。これもかれこれ、30年は使ってるわ。これは、ある時、渋ブラ(渋谷をぶらぶら)してる時に、ある裁縫道具を扱う、小さな可愛い系のお店で見つけた。仕事をしてるうちに、インチからセンチの変換なんかすぐ覚えられるけど、これがあると便利なのよ、本当に。

 

翌日、出勤してすぐに、上司が、「おおお!DEANのメジャーだ!どこで買ったの?俺も欲しい!」って言うから、後に買って来てあげたわ。笑 良くご存知ね、さすが専門家。英国製のメジャーに多いのかしらね?こう言うの。アメリカは頑としてインチやオンスという様に、日本やヨーロッパのスタンダードを使いたがらないから、頭ん中いまだ、ぐちゃぐちゃよ、私。

 

まだまだ、うちにはヴィンテージと呼べるものが沢山ある。もっと古いアンティーク(100年以上)のものも、ゴロゴロあるわ。何故、私は、古いものが好きなのかは知らないけど、自然と古いものが集まって来る。

 

でも、私は、夫の様に無駄に集めない。夫は、ほとんど、その存在を忘れてしまうのにも関わらず、後生大事に取って置く。私は、しまっておくのが嫌いで絶対に使う。逆に、普段使って楽しめないものは、要らないと思う派。普段使わないなら、捨てろ!って思うものね。集めて、それを保存し何年後かに売るというのも、全く考えないタイプ。私の苦手な義姉がこのタイプ。アンティークのビー玉集めて、イーベイで売っていた。売れんのか?そんなもん?と私は思ってたけど。

 

今使わない物は、その保存してる期間に苦しくなるのが嫌。ゴミ化して、目障りなので捨てたい!ってなってしまう。手放すのが分っていて、後に売ってしまう物なんか、最初っから要らないって感じ。ホント、人それぞれね。

 

私の母も、私と同じなので、古いもので気に入った物は長く使うタイプだった。母は、何かを集める事はなかった。唯一集めてたのは、ブルーチップ?笑笑 (昭和)母の家から持って来たこのお皿も、相当古いよ!笑 価値のある物でもないし、高いものでもないけど、昭和の金物屋さんで売ってた、ガラスの器。これに、綺麗に皮を剥かれた、リンゴやナシが入ってたのを覚えてる。

 

f:id:recipenomori:20210713013527j:plain

形が可愛いフルーツ皿

だから、想定するに、これは70sの物じゃないかしらね?こちらも立派なヴィンテージ。

 

f:id:recipenomori:20210713014221j:plain

安物だけど、そこがまたいいお砂糖入れ

ディッシュウォッシャーに入れて洗ったら、歪んでしまった、母のお砂糖入れ。笑 コレも、娘が気に入っていて(娘も同じく、古いもので好きな物は手放さないタイプ)これら、母から貰ったものは、将来娘の家に行く予定。最近はこれにキャンディーなどを入れている。そう言えば、私は、最近すっかりキャンディーを食べなくなったわ。けど、これに入れてテーブルの上に置いておくとすぐなくなってる!どんだけ、砂糖好きなの?

 

f:id:recipenomori:20210713020450j:plain

祖母から貰った文鎮

原っぱを泣きながら探した、祖母から貰った文鎮。私のだらしなさは、幼いとこから凄かった。机の上に山となった私物を、遊びに来たおじさんが見つけて、「うちの子供達より酷いよ、これは」と言われた。ある時、父が見かねて、机の上にあった物全てを、家の横の原っぱに投げ捨てたからさあ大変。「あああああ!!!お婆ちゃんに貰った文鎮までもが!!!」と原っぱに探しに行った私。その時には祖母は生きてなかったので、形見なのよね、この文鎮。

 

息子の部屋がああなのは、私似なのかもなと、最近思い出したエピソードだった。これは祖母が、御徒町か何処かの雑貨屋で買って来た中国製のガラスの文鎮だ。これも、ヴィンテージ。私が小学生の時だから。良く持ってるなぁ。

 

私は、物にあまりこだわりのない方だと思ってるけど、この様に残ってるものが多いので、自分でも物持ちの良い方だと思う。ほとんどの場合は人から貰って気に入ってるものが多いかな。好きな物がいつまでも手元にあるから、勝手にヴィンテージ。

 

他にも、古い切手があるので、ちょっと売れるかやってみようと思う。切手は父の趣味であって私の趣味ではなかったから、どうでもいい。そして、私が父の切手コレクションを持ってるからって、私が切手集めが大好きと思った夫に買ってもらった、US切手コレクションも要らないから売りたい。切手には興味なし。笑

 

古いもの+好きな物=ヴィンテージ という法則はあると私は思う。