recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

夏は香水の季節

f:id:recipenomori:20210614230731j:plain

テラコッタのアロマストーン

私の部屋には、娘の作品が沢山飾ってある。娘のNo.1ファンは私。って言ってもいいかも?笑 このテクスタイルも、趣味で作った作品らしいけど、勿体ないから私が貰った。サクッと作る作品もなかなか面白いのだよ、娘。

 

黒白のプリントも、捨てるのは勿体ない。そんな時は飾る。私の家には、子供達の作品で溢れてるよ。息子も実は、美術も上手いのだよね。息子の場合、器用貧乏系。笑

 

さて、暑くなってくるとニオイが気になる。で、香水を自分の為によく使うシーズンと言ってもいい。香水は自分が気持ち良くなるためにつけるものだと私は思ってるから、周りの人に嗅がせようと、大量に体に振りまくのは良くない。なので、本来、そんなに量は要らないのが香水なのだけど、大抵、大きなビンでしか売ってない。となると、何年もたった香水は香りが飛んで、匂いが変化する事がある。そんな古くなった香水を私はルームフレッシュナーとして使っている。

 

今使っているのは、Versace のVersus time to relax. 娘がこのニオイを嗅ぐと日本の母の家を思い出すって言ってる。クロアチアで買ったこの香水は、まだ子供達が小学生だった時。(随分古いのよ笑)クロアチアから日本に赴任した時に、母のところで1ヵ月お世話になったから、その時の思い出だろうな。その時は、成田から当時飼っていた猫のハンナを連れて帰って、母もハンナと対面してる。

 

あの猫は、今まで飼っていたどの猫より大きかったので、母がびっくりしていた。笑 あの狭い、マンションの部屋であの猫まで居たんだから、母に感謝しなきゃいけないね。笑

 

古くなった香水は、部屋にファブリーズの様にスプレーしたり、ティッシュにスプレーしてタンスに入れたり色々したけど、このアロマストーンにスプレーするのが一番自然に香って来るし、長持ちするような気がする。このアロマストーンはザグレブ(クロアチア)のAromaticaってお店で買ったもの。当時、クロアチアでも伝統的なアロマが、世界的にブーブになり始めてた時。お土産にいいじゃん!と大量に買って、任期終了後国を出た。今は、何処でもこういうアロマ用品は買えるだろうから、古い香水の再利用したい人は是非試してみて欲しい。

 

クロアチアでは大昔からハーブティーを飲む習慣があり、しかも、蜂蜜教信者という言い方が本当にマッチするくらい、蜂蜜の力を崇拝してる。少し風を引いたくらいなら、蜂蜜とハーブティーで、治る!と信じて疑わない人達。笑 私も毎日ハーブティーを飲んだし、喉がいたくなったら蜂蜜をなめてた。

 

蜂蜜は御存知かと思われるが、自然な消毒剤。オキシドールの成分にとても似た成分だそうだ。なので、のどが痛くなったら、蜂蜜なめとけ!って言うのは大正解なのだ。延焼した部分の消毒をしてくれる。それプラス、その土地で取れた蜂蜜はアレルギーの防止にもなるのだ。

 

アレルギー持ちの娘も、次の引越し先の近くにある、ファーマーズマーケットで一番先に買う物は蜂蜜と言っている。ローカルメイドの蜂蜜を毎日朝、小さじ1食べるとアレルギーをデベロップしにくくなると言われている。アレルギーのある人は試して見てね。

 

この前、行った眼科医のアポをキャンセルした。網膜がどこも悪くないなら、これ以上何する訳でも無しにと思ったのでキャンセルした。やっぱり、私の内科医からリファーラルを貰った方が良いのかも。それと、娘の眼科医は良いらしいので、ネットワークから外れてる医者なんだけど、そっちもいいかな?って思ってる。

 

やっぱり、オフィスが立派過ぎて、医者が若すぎて、働いてる人達が、ソロリティ―か?ってくらい、髪が、均一長くてストレート髪の女性ばっかりって言うのも、なんとなく、私は引くんだよね。こう言うのってステレオタイプって言われちゃうけど、私の勘が何か違うなって思ってるって事だと思う。

 

医者通いが大嫌いな故に、好みの医者を探すまでは、ベイビーシッターや美容師を探すのと同じで、ジプシーする私。根気よく医者を探すのが好きなのだ。

 

f:id:recipenomori:20210615011455j:plain

落穂から育ったシソがこんなにデカくなった!

シソって本当に強いよね。だから薬味として使うのだろうね。読んで字のごとく。穂が出てくると、味が苦くなるので、その前に収穫して、シソおにぎりなど、色々楽しもうと思う。

 

やっぱり、庭付きかな?次も。都会のコンド vs ちょい田舎の庭付き戸建て だと、どうしても田舎が勝つかな、私の場合。