recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

名前の画数

f:id:recipenomori:20210503035824j:plain

日曜日の研究課題はいつものパンでベーコンチーズパン

 今週は、先週手首が痛いから作れなかった、ベーコンチーズ・ハード系パンがお題だった。いつものフラックスシード入りのハード系パンに、ベーコンチーズ、やってみようか!とやってみた。チーズは、私の大好きなアイリッシュチェダーよ!まあ、普通に美味しかった。日本のパン屋さんのエピ・ベーコン&チーズって感じかしら? 

 

17%のライ麦が入ったこのパンは、意外に柔らかく出来ていた。炭水化物控えてるからあまり食べられないけど、パン作っておかないと、夫がポテチでランチを済ませようとするので、最近はパンを作り置きして置くのだ。

 

 

先日、息子が面白い事を言っていた。「ああ、そうだ!この話面白いぞ!俺の名前は最強にラッキーな名前なんだ!」というから、なんで?と聞いたら。

 

「日本の車の会社トヨタが、なんで豊田(トヨダ)なのに、トヨタにしたか知ってる?それは、トヨタの画数が8画で、最強にラッキーだからなんだっって。」

 

「でさ、友達(アメリカ人)に、じゃあ、お前の名前はどうなん?って聞かれて、初めて自分の名前(日本名はないのでカタカナ)の画数を数えたら、俺のも8画だった!俺の名前は超ラッキー!おおお!!!」と喜んでいた。

 

なるほどな。笑 そういう事だったか。

 

息子の名前はミドルネーム含め、名前だけ見れば白人の名前。日本名は一切入れてない。日本名を入れなかった理由は、出産前に息子は息子でなく、娘と医者に言われてたから、男の子の名前を考えていなかったのだった。なので、息子の名前は、義母と義父の父親の名前をそれぞれファーストネーム、ミドルネームとして貰った。

 

曾爺ちゃんの名前を日本語にすると、カタカナで8画という事になる。そう言う事なのだ。じゃあ、曾爺ちゃんも日本に行けばラッキーだったのかしらね?笑

 

私の父も、名前の画数を気にしながら、自分の子供達に名前を付けていた。なので、それに習い、娘の時は時間があったので、ミドルネームに日本語でも英語でも通用する便利な名前で、漢字の画数を考えながら名前を選んだ。

 

その時に、日本にいる友達に、赤ちゃんの名前の付け方の本などを、参考に色々調べて貰い、有難いその助けによって、33画の名前を付けた。気質的にキャリア重視な名前という事で、その通りに育ってるので面白い。娘は、女の幸せはお金持ちとの結婚 という、古風な考えの人ではない。

 

名前の画数って意外にも大事なのかもしれない。困るのは、女の子の場合、夫の姓との相性で、良くも悪くも変化してしまう所?と思うのだが。どうだろう?

 

私の名前は、21画。この画数は、玉の輿と本に書いてあった。笑 けど夫のファミリーネームに戸籍名を変えてしまったので、姓と名前のコンビネーションでは、別人のような性質になる。笑 たまに思うのだが、旧姓をリバイバルした方が、私の本来の性質と同じになるのでは?と、結婚して名前が変わるって厄介だなって思う。

 

実は、私の祖母は名前を変えた人の一人で、誰かに画数が良くないと言われたそうで、画数を変えるために名前を変えたと聞いていた。お嬢様育ちなのに、苦労が多い人生だったからなのか? 〇子から、〇世に変えたのだが、川崎真世っぽいちょっとハイカラな名前だったけど、私は〇子の方がカッコイイのにと思ってた。

 

名前を変えてから、いい事が起きたのだったらいいけど、それから数年で、突然、脳溢血で亡くなったと記憶している。改名して本当に良かったのだろうか?というのは、いまだ疑問。

 

もともと親に貰った名前をあまり変えない方が良いのかもしれないとも思う。私の名前は、そのままでも良いと思ってる。自分的には、名前と人物像は、ぴったしカンカンだと思ってる。笑

 

昨晩、ツイッター、リーディング・タイムにツイッターを見てたら、なんとジェネシス(イギリスのバンド)が北米でコンサートをするそうだ!!!早速、会場を調べたら、ヒューストンはない。コロンブス・オハイオ州には来るのに、テキサス州には来ない。ヒューストンには来ない?なして?確かフィルはマイアミ在住。マイアミでも、コンサートしない所を見ると、マスク、大っキライなトランパーを避けてる?笑 

 

フィル・コリンズは、アラモ砦関係の物のコレクターで、アラモの砦博物館にコレクションを寄付したので、サンアントニオの名誉市民。せめてサンアントニオに来て欲しいんだが。予定では来ない。

 

コメントを読むと、ドイツに来てヨ!とか、なんでサンアントニオに来ないの?とか、コメントしてる人がやっぱりいて、それプラス、フィルは、立ってコンサートで歌えないし(腰の怪我の後遺症で長時間立てない)、ドラムももう叩けないから、息子さんが代役をしてるし、昔のジェネシスとは違うからって言ってるファンもいて、一理あるなと思うのだった。

 

ヒューストンか、サンアントニオに来てくれれば行くけど、それが、元住民してた、シカゴでも、どうしようかなって迷うところ。シカゴには来るのよね。テキサスからわざわざシカゴって何か用事がないと無理よね。

 

そんなこんなで、バケットリストに入っていた、ジェネシスのコンサート、行くかどうか分からない。

 

そして、マイアミ。マイアミ市がF1グランプリの契約を10年間で結んだそうだよ。アメリカでは、オースティンとマイアミのサーキットで、1年に2回もF1グランプリがあるって言うんだから嬉しい話。

 

今年、オースティンのに行ければいいけど。だいたい、チケットっていくらするのだろう。メルボルンに居た時は確か、3Daysパスって言うので、200AUDだったように思う。最終日のRockコンサート付きよ!私達の時は、The Who と Kissのコンサートを無料で観れた。メルボルンの楽しい思い出。しかも、会場まで歩いていける距離だった。(パーキング代は要らない)

 

しかし、3日間で200ドルは安いよね。けどアメリカのは、高いよって息子が言ってた。調べたら、3日間パスなんて存在しないうえに、日曜日のチケットは、400ドル以上から。笑 高いのは1000ドル以上!ダメ押しで、パーキング代別払い!!!

 

なんでも値段が高いアメリカ。こんな時、こやつら、「パーティープーパー!!!」だよね~!って思う。商売が上手いんだか下手なんだか良く分からない。こんな値段の付け方じゃ、誰も観ねぇし!って。家でシェンペン飲みながら、友達集めてTV観戦するわ!ってならないか?

 

昨今のアメリカ、成金臭さが増し過ぎで、アメリカ独特のカジュアルさがなくなって、もう、昔のアメリカ人じゃなくなってるわ。これも資本主義のなせる業。だから、あんな成金の鏡みたいな大統領が誕生したんだね!!!笑笑 お下品極まりないわ。

 

もっと、メルボルンみたいに一般市民が楽しめるイベントを増やせよ!って思うのだが。そんな点では、オーストラリア人の方が楽しみ方知ってるよね。さすが、パーティー大好き、オージー!オージー!オージー!オイ、オイ、オイ!!!な人達だな。(テニスの試合でもこうで、ある意味面白い人達よーQuiet please!)