recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

こんな時、心が突然ワープする

f:id:recipenomori:20210429225248j:plain

マイブームなヴィンテージ、コーチバッグ

また買ってしまった。小さ目のクロスボディーのヴィンテージのコーチバッグ。この小さなポケットに、パスポートが入れられるから便利。って、いつ海外旅行へ行ける?って感じなんだけどね。笑

 

勿論メルカリで買ったのだけど、たぶん本物。お値段は28ドルくらいで買ったので、それが偽物でも、本革だし、その物の値段で納得価格。使えればそれでいい。因みにジッパーはYKK。クリードナンバーは9973。本物なら、お買い得。

 

私は、人間関係のゴタゴタが大嫌い。好きな人は、その中に自ら飛び込んでいくほど好きだよね。でも私はキライ。なので、人間関係のゴタゴタを私の人生に持ってきそうな人がいると、速攻で走って逃げたくなる。笑 それくらい避けて通って来た。

 

そうなった理由が、私の両親にある事は十分わかってる。彼らは人間関係ゴタゴタのデパートメントストアーだったから。話を聞くだけで、ゲーっとなるくらい。なんでこんなにめんどくさくなる?ってずーっと思って生きて来た。だからこそ、私なりに、自然にディフェンス・システムが成り立っているように思う。

 

人と話をしてる時に、突然心がワープして別世界に行っている事があり、ハッとする時がある。私の悪い癖である。それは大抵、話者の人間関係を私に話している時。Aさんがこうで、Bさんがこう言ったから、Cさんがヤバい事になって。。。だんだん、意識が薄れていく自分がいるのだ。笑

 

誠意のない人に見られるだろうから、聞いてるふりはするけど、それが長続きしない。特に込み入った状況を話者が話してる時に、話の筋書すらわからず、とんちんかんな答えを言ってしまったりして、墓穴を掘ってしまう。

 

なので、聞きたくない相談は受けないという「盾」をいつも用意してる。それは、はっきりと、自分はそう言う事を相談する相手じゃないよ、他に探した方が良いよというオーラ。

 

今は付き合いのない友達に、「ママ友とのリレーションシップって大変よね。」と振られた時に、速攻で、「私はそう言う人とは、始めから無理して付き合わないので、分からない」って言ったら、そこでその話おしまいになった。笑 これなのよね、冷たいようだけど、ディフェンス効果抜群なの。

 

聞きたくない人間関係のゴタゴタは聞かなくって良いと、私は思ってる。自分自身が感受性が強ければ疲れるし、挙句、なんだか自分が悪く言われる羽目になる場合もあるから。人におせっかいすると、ろくなことないのだよね。なので、過去の経験からそれを学んだので、おせっかいはしない事にしている。親切でない親切は報われる事は無いから、最初から何も言わない、これに尽きる。

 

でも世の中には、自分の人間関係ゴタゴタを自らすすんでシェアしたがる人が凄く多い。なんでなんだろうね?と、その心理に不思議に思うが、たぶん、私とは違ったタイプなのだろうと思う事にしてる。

 

こんな私だから、日常会話が苦手。頭がオンになる話題は、たいてい、ユースフルな情報系。自分自身もそう言う話の方が得意なのかもしれない。私は、こんななので、アメリカのスーパーマーケットのレジで、レジの人と日常会話した事がない。あれをエンジョイできる日本人も世の中にはいると知って、やっぱり自分はエクストリームなんだ!と悟った。本当に日常会話が苦手。知らない人と長話が出来ない。出来るとしたら、それはとても興味を持てる人物のみ。

 

だからかしらね?ドラマというドラマは、ほとんど関心がない。娘と同意した話があるけど、私はアメリカのシットコム、フレンズの何処が面白いか全くわからない。登場人物の話は全てつまらない話。例外がフィービー!と娘と意見が一致した。私はそれに加えてジョーイも入るかも。なので、普通にファンクションしてる、普通ワールドの人の話が苦手なんだと思う。ちょっと変わり者くらいで私には丁度いい。だから、サインフェルドが好きなのかもな。笑 全員、ヘンだよね。

 

夫は、違う。日常会話のくだらないのにも受け答えできる能力がある。でも、ネットワーキングは重要だ!って言ってる夫の知り合いは、夫の期待を裏切る人が多い気がするのだが。そこがまた、可笑しくもある。人を信用したりするのには、時間がかかるんだよね。そして、誰でも彼でも友達にしない方が良い。

 

でも、たまに、ヒットを飛ばす夫。息子の古い車は借金を払ってないので、テクニカリーに夫の車。それを郵便配達の人の友達に売ったのだが、その人、まとまった金がないので、配達の兄ちゃんの信用でローンでいいよと夫は言ってあげた。その代りに、エアコンの業者の人を紹介してもらった。この郵便配達のお兄さんは、自分でフェンスの取り付けの会社も持ってるので、この界隈では顔が広い。話すのが好きだとこういう得な部分がある。

 

が、世の中には、友達と言っては、無理難題を押し付ける人も居るから気を付けないといけない。また、そう言う人にハマると、疲れるし、時間を物凄く無駄にするので、見分ける方法と撃退法を自分なりに探す事を私はお勧めする。要するにね、聞きたくない話はムリして聞く必要なないのだよね。それでいいのだ。