recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

進化する伝統

f:id:recipenomori:20210320022552j:plain

10ドルで買ったヴィンテージ・フランス製ワイングラス

最近、ヴィンテージ・センサーのアラームが鳴り続けてる?って感じで、また買ってしまったヴィンテージ。ヴィンテージ小物が、 私はあなたに買って欲しいです!って念力送ってるんちゃうか?ってくらい、お買い得で良いものが目に入ってくる。これらはNextdoorの 売りますコーナー で見つけた。最初15ドルだったのが売り手がなかなかいないので10ドルになった様だった。これはチャンス!と思いすぐメッセージした。私しか買い手がいなかったみたい。なんで?破格値なのにね。

 

これらは、Chantilly combourg taille beaugency cristal d'arques-durand という、フランス製のクリスタルらしいのだが、値段がスゴない?って関西弁になるくらい安かった。笑 小さいのと、大きいの4つずつで、たったの10ドルだもの。どこまでが、このデザインの名前で、どこまでが地域、会社の名前だか、フランス語がさっぱりわからない私が、グーグル検索した結果、Chantilly とはSweet Whipped Creamという意味らしい。なるほど、そんな感じのデザインだね。ちゃんと、24%Leadでクリスタルグラスだという事で、安い物ではないはず。そして、Replacement .comでは、一つ、6ドルくらいだった。ほら、超お買い得や!

 

家には、スロベニアのロガシュカという会社のクリスタルセットがあるのだけど、6セットの一つを割ってしまいたくないので、使わないで普段は箱に入れてある。もっと洗い易くって、手ごろな値段のものがない物かと探していたので、これを見つけてしまって、即買い!ものが片付いているのだか、増えているのだか定かではない。笑

 

私は昔から、古美術に興味があり、アンティークショップやヴィンテージショップ巡りは、たぶん三度の飯より好きだと思う。何の才能もない私だが、これは良いやつ という勘は意外にも当たる。リタイアしてるし、そんなのを趣味にして、個性豊かな家の中を目指したいと思ってる。初めて来た人が何時間でも飽きないでいれるような、面白いものが沢山ある家にしてみたい。笑

 

私は、家はモダンな作りでハイテクで、置いてあるものが古いって言うのが結構好き。自分の好きな物を集めれば、チグハグせずに、なんとなく一定のラインが保てるのでないかと思ってる。モダンな家にモダンな家具とか、古い家に古い物って、マッチし過ぎてるのが、ちょっと苦手。何処か、古い物と新しい物がぶつかり合うのが楽しいと思ってる。

f:id:recipenomori:20210320072921j:plain

ミッドセンチュリーの白い皿

先日、またしてもメルカリで見つけたヴィンテージものの白い皿。家にはお客様用というより、普段使いように買ったドイツのブランドのセットがあるのだが、それも白無地のシンプルなデザインなので、これを購入したのだった。色も合うしバッチリだった。あとはマッチする小さなシリアル/サラダボールが欲しいかな?写真のレースのドイリーは、クロアチアにいる時に、大家さんのお母さんが編んだもの。これも安く売ってくれた。笑 

 

伝統芸も時代と共に形を変えていく。クリスタルで有名な、アイルランドのWaterford (Waterford Wedgwood)という会社は2009年に倒産していると聞いてびっくり。今はフィンランドの会社がやっているらしい。Waterfordは、私が大好きでよく読んでいた、アメリカのハードボイルド小説にも良く出て来たクリスタルグラス。あれで酒飲むと美味いのだろうなぁ。なんてオシャレなハードボイルドの世界を妄想してたわ、遠い昔。。。そうだ!最近、20代の頃のボーイフレンドの夢を2回も見た!何故だ?コロナで死んでなきゃいいけど。笑 あれから35年以上経ってるやん、元気ならいいけど。

 

昨日、相撲好きの息子から聞いた話によると、最近力士の名前が面白いという。名前がマイケル(舞蹴)という力士がいるそうだ。他にもアクア(天空海)という名前の力士がいると。私は てんくうかい という読みの方がカッコイイと思うけどな。これらは、キラキラネームのカテゴリー入りする名前じゃないか?と笑った。ウルフ(千代ノ富士)の時代が終わってからは相撲をあまり見ないので知らなかった。

 

今は、ハワイやモンゴルからの力士だけじゃなく、いろんな国出身の力士がいる様だね。ちょっと前は、東ヨーロッパから来た人など白人系の力士が居たりして、昔は日本人だけの国技がこうなるものなんだ!と感心する。開かれた世界、なかなか良いじゃないか。そして最近の相撲は実に面白いそうだよ。ここ数年、筋トレに目覚めて、体重が85kgまで増えた息子は、力士の力強さに圧倒されると言ってた。休みになると、朝から相撲を見ては、おーーー!!!と、お爺ちゃんが隣の部屋で相撲を観戦してるような声が聞こえてくる。笑

 

伝統というのは厳しく守り通すもの。という考えも、もう、時代が古い考えについていけないのだと思う。というか、進化しなければ伝統も残せないのだと、私は気が付いた。その点、日本は上手くやっていると思う。次は女性の力士かな?

 

なので、英国王室も進化しないとだめだという事なんだろうと、最近あったデューク&ダッチェス・オブ・サセックスの件について思ったのである。自分の国じゃないので、ああだこうだって言えないけど、伝統って時代の流れなどで、続けるのが難しい時もあるのだろうし、余り拘っても、なるようにしかならないんじゃないかしらねと思うのだ。

 

デューク&ダッチェスの神経を逆なでる様な行いが、気にくわない人が多いらしいけど、それも、時代 なのかしら?なんて思った。要は一つの家族のお話。本人同士で上手く解決して貰ったらいい。税金を払ってる国民に、そんなに言う権限があるなら、王室も要らないじゃんね~? だって、パワーもへったくれも、メディアや国民達の意見に右往左往させられてるように思うし。なんて、外から見て、部外者は思うわ。クィーンも大変ね。結構なお年なのに。

 

そうそう、50過ぎの婆さん領域に片足突っ込んだ私は、水曜日に第一回目のCovid-19のワクチンを打て来た。モデルナのワクチンだ。誰もが言う様に、非常に効率よく動けるので、あっという間に終わる。ボランティアによる効率の良いガイダンスで、あっという間に数百人のワクチンが打てる仕組みだった。やれば出来るじゃん~!アメリカ人 なんて上から目線で思ったわ。笑

 

あのやり方で、1日に2000人がのワクチン接種が可能らしい。(数字間違えてなければ)そのように、ボランティアの人のコメントをネクストドアで読んだ。スゴイよね。8割の国民がワクチンを打つ事で、ほぼ鎮圧らしいのだが、なんで全員が協力できないのかな?とも不思議に思った。ワクチンの何が怖いのだろう?と、私の頭では理解できない。

 

副作用。それは少しある。まず腕の筋肉。痛いわ。今まで打ったワクチンの中で1,2を争う感じで3日たつ今も痛いわ。でも、筋トレして痛いのと変わらないので、痛いけど大した痛みじゃない。そして、その日は急に暑くなったので、単なるのぼせだったのかもしれないけど、頭痛が酷かった。なのでアセタミノフェンを飲んだ。あと、打ってすぐに少し体に異変を感じた、何か体に入ったなって言う感じ。それだけ。私は普通の人より敏感な方だから、何も感じない人の方が多いかもしれない。

 

ケトジェニックダイエットをしながらのワクチン接種でどうなるんだろう?なんてちょっと思ったけど、そう言えば、会場で処方箋の薬の事も何も聞かれなかった。それだけ安全なのだなと思った。酷いアレルギー反応が出る人も居るらしく、会場で15分椅子に座って休まされる。その後、椅子を消毒する人達がやって来て、椅子を綺麗に消毒液とペーパータオルで拭きとる。子供達がロタウイルスにかかった時の事を思い出す。

 

娘のボーイフレンドはナースなのだが、どうやら、噂では、このコロナウィルスは定期的にブースターのワクチンが必要なくらい、しつこいウィルスらしいよ。だから、アンチワクサーなんて、そんな事言ってる場合じゃないと思うわ。打った方が身の為よ。毎回形を変えて出てくるのなら、これは毎年受けるインフルエンザの様で毎年1回受ける様になるのかもしれないね。

 

でも、もっと大切なのはマスク。マスクで結構防げるらしいのよね。今年はインフル患者が劇的に少ないそうだよ。マスクが威力を発揮したのだろうね。マスク、手洗い、ウガイで健康を保てるなら、やるわよねぇ?それでもマスクしないのなら、勝手にしなはれ。としか言えないねぇ。笑

 

これは、息子が聞いてきた噂。何でも、ワクチンを打って強い副作用が出る人は、もうすでにコロナにかかってる可能性がある人だという事。本当かどうか知らないけど。噂話として聞いて欲しい。

 

いずれにしても、2回目が終わればランチに行ける!って友達と喜ぶくらい、本当に引き籠りに飽きてきた今日この頃。今日も、暖かなテキサスだった。