recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

スーパーセンシティブな娘の生き難さ

f:id:recipenomori:20210303230322j:plain

メルカリで購入したが、今、リターンプロセス中

スタバのこのシリーズのマグ、Paris, London, Vienna, Frankfrutの4カップをすでに持っていたのだが、つい最近、このマグの使い勝手の良さを再認識し、暇なのでリーテルセラピーさながら、このシリーズで実際に住んだ土地のカップを集めてみよう!と始めたコレクション。その中に、訪れたことのある土地も含めてゆっくりと揃い始めた。

 

先日、リーズナブルなプライスでマグを売っているセラーを見つけたので、New YorkとSan Antonioのをバンドルにして、少しディスカウントしてくれないか?と交渉したら、してくれたので楽しみに待っていたら、悲しい事に、配送途中で粉々に砕けていた!

 

New Yorkは、一度も住んだ事もないし、私も訪れたことはないのだけど、娘の大学受験の時に、娘と夫がサンクスギビングの休みを利用して、NYCにある美大を見学しに行った。なので、思い出になるだろうと思ってこのマグを購入したのだが、どうやら縁がないみたいね、NYC。

 

娘にそう言ったら、「別に、私、ニューヨークの人嫌い!アグレッシブで横柄な人が多い。彼らはNYCに住んでいるというプライドだけで生きてる様な、見知らぬ人に失礼なこと平気で言える人達だと感じた。真のリベラル、フレンドリーさとは違う。私は嫌い。」って返って来た。笑 まあね、トランプもニューヨーカーだしな。笑笑

 

ああそうなんだ。と、「じゃあ、パリジャンみたいな感じ?」って聞いたら、「パリの人の方が全然マシ!」と返って来た。NYCの人達、もしかすると話をする時は、この辺を気を付けた方が良いのかもね。笑 話し方がアレなのかも?

 

因みに、もう一校は、夫のホームタウン、シカゴにあったので、こちらも2人で見学に行った。娘曰く、電車の中で地元の人と話をした時の印象は良かったらしい。「シカゴの人は好き」と言っていた。自分と話が合うと。まあ、個人的な意見に過ぎないのだけどね。娘の場合はこうらしい。

 

マグの件に話を戻すが、早速、セラーにメッセージし、悲しい事に壊れてましたと書いて送ったら、メルカリの場合、メルカリに連絡してリターン&リファンドのリクエストをするとかで、その指示に従ってやってみたら、今朝、コンファームのメッセージが来てた。今、セラーのリターンアドレスの確認をしている。

 

メルカリは、メッセージで知らない人とコミュニケートしなければならないのだが、もうすでに何回も取引をしてるが、今までにルードな人には一度も巡り合った事はない。質問すれば丁寧に答えてくれる人ばかりだった。日本のメルカリ批評などを読むと、酷いバイヤーとかセラーとかの話を聞くので、恐る恐る始めてみたメルカリだが、私は運よくそう言う人に当たってない様だ。

 

さっきチェックしたら、コンファームされていて、リターンレーベルがe-mail経由で送られていた。実にスピーディーだ。残った残骸は捨てていいとの指示だったので、今日、パッキングして、サバイブしたサンアントニオのカップを返す。何でも、メルカリでは部分的なリターン&リファンドはしていないらしく、キープしたいサンアントニオをキープ出来ないという事だったので仕方なく返品する。残念だなぁ。

 

昨日、テキサス州知事がアナウンスした、マスクの強制の解除 の件で、昨晩、娘は悪夢にうなされたと私に言って、今朝出勤した。笑 娘の賢さは、時として、めんどくさいのだ。今回も彼女の頭の中は、彼女が普段からリサーチしている溢れんばかりの情報によって、ネガティブこの上ない効果を発揮している。要するに、賢いのが仇になって、とても神経質なのだ。

 

何か心配事があると、夢になって表れる娘、昨晩も悪夢のオムニバス版だったらしい。何個も何個も悪夢を見て疲れたと言っていた。今朝も、どうやったら大学(職場)が生徒やファクリティーにマスクをするように言えるだろうか?ってルール面でその抜け道はないか?とか弁護士さながら考えていた。

 

彼女は自分自身の不安もそうだけれども、これ以上医療関係者の負担を増やさない為、これ以上死者を増やさない為にも、今、マスク強制を解除すべきではない!と政治家さながらな理由から、人々の事を心配しているらしい。正しい行いについて非常に拘りをもって生きている人なのだ。

 

だから、政治家になればいいのにと私は言っている。が、娘曰く、自分が政治家に成ったら自殺してると思うという。笑 つまり、センシティブすぎて潰されるというのだ。

 

娘がいると、食卓での会話がこんな感じで、一気に、賢そうな家族の会話になる。笑 夫は職業柄、政治関係の話はもともと好きな方だが、私と息子は考えても変わらない事は、考えない主義なので、好んでは政治の話をあまりしない方だと思う。ただ、息子も私も、今のテキサスに関しては、州民の意見を反映してない事を押し付けてるんじゃないの?と思う。アメリカの民主主義なんて偽物だよな、アメリカは金にしか興味のない国で、この様にクソッタレな奴らがリーダーシップを持ちたがるんだよな!と私達は思っている。

 

余談だが、この道、云十年の助産婦さん曰く、女の子は父親と母親の2つの性質を持ち合わせるが、男の子は母親の性質を受け継ぐと言っていたけど、うちの場合その通りかもしれない。娘の病的な神経質さは夫の家族寄りだと思う。見てるこっちが疲れるくらい。

 

娘は、そのセンシティブなセンサーがあるが故に素晴らしいアーティストなのだけど、生き辛さは、世の中の事、人間の事が解かってくればくるほど、大変さが増してきてるみたいだ。今特に、田舎で友達もいない(娘のレベルで話ができる人がそう多くないから)環境では息が詰まるのだと思う。私は、娘に都会に住むようにアドバイスしている。

 

まあ、次行く大学院は、たぶんここより都会にあるのだし、アカデミックな人達と常に一緒なら、会話に苦しむ事もないだろうから、母としてはいち早く、大学院に行ってまた学生をして欲しい。じゃないと辛そうで大変。環境を出来るだけ早く変えた方がよさそうだねと言った。

 

娘の様な人は、世の中に沢山いると思うし、今のこの世の中、生き辛さ百倍だろうと思う。けど、センシティブ過ぎない私も思うけど、今の世の中、狂いに狂ってると思う。狂ってる人間が牛耳ってるからこうなるとも思うしね。だから、悪夢を見る状況で辛くっても、一人じゃないと思って欲しいわ。

 

人は、生き残るために苦しみもがくのは当然な事なのだから、多かれ少なかれ生き残る事だけに集中しなければならないかもしれない。そうしなければならない事が、アンフェアだと思わず、最後まで生きるために戦い続けていいのよ。賢ければ賢い程、オブザベーションが良いって事で、生きて行く苦しみは百倍だけど、頭が悪く何もかも解らないで、のほほんと生きる人達よりマシだと思ったらいい。人生の目的は、それを理解する事だから、自然な苦しみだと思って、頑張るのみよ。

 

白人至上主義や人種差別等、人を見下す様なカルチャーをトランプが採掘し、研磨した4年間が終わったのだけど、コロナもありで、後遺症はまだまだ続くみたいだから、地面にしっかり足をくっつけて生きる苦しみをうんと味わって、出来る限りポジティブに考え、前進する事に集中する1年になりそうだね。

 

そして、今ここで理解できない人は、時代と共に去っていくから心配しなくって良いのだと私は思う。