recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

医者のアポ

f:id:recipenomori:20210106134824j:plain

オレンジ母さん準備中

うちのエントランス(玄関先)の住民、オレンジ母さん。只今、家猫準備中なり。初代猫のハンナが使っていた巨大ケンネルに、いらなくなったブランケットを下に敷いて、その上に猫用のクッションを置いて、ケンネルの上にもブランケットを被せ保温できるようにしてそれをこの猫のシェルターにしている。その中に、ペットボトルで作った湯たんぽを3つ、コの字型に入れている。野良猫が可哀想と思う人や、保護猫活動に興味のある人だけに、このペットボトル湯たんぽの作り方をコッソリ教えたいと思う。笑

 

ペットボトルは出来るだけ固めのプラスチックの物が良い。私のお気に入りはヴィネガー(酢)が入っていたペットボトル。最近はガラスじゃなくリサイクルできるペットボトルにヴィネガーが入っている様だ。ここしばらくこのボトルを使っているが、このボトルは最高に保温性が良いという事が判った。それが無ければ、普通の飲み物が入ったペットボトルでも良いのだが、薄い物は保温性が非常に悪いので、触ってみて硬めのプラスチックのボトルが良い。私は娘が大好きなアロエドリンクのボトルが良いと思っている。スーパーのインターナショナルセクションに置かれているアロエのドリンクのボトルだ。

 

ペットボトルに、じょうご(ファネル)で熱湯を注ぎ入れ、ボトル口から3㎝下まで熱湯をいれてキャップをしっかり閉めて熱湯が漏れない様にし、新聞紙やオンラインでオーダーしたパッケージなどに入って来るパッキン用の茶紙などでくるんで、それを更にタオルやキルトなどでくるんだものが、ペットボトル湯たんぽ。この裏技は子供の頃、近所の獣医さんに教えてもらったものなのだ。それ以来、動物の保護には必ず登場させているこの即席動物用湯たんぽ。病気の猫ちゃん、犬ちゃんや、生まれたばかりの子猫、子犬にも使えて重宝するので、覚えておいて。

 

さて、昨日、一昨日と私は医者のアポが重なった。一昨日は私のGPドクター。血圧の薬が切れたのでリフィルをくださいと連絡したら、30日分今すぐ処方はするが、アポを取って欲しいという事。私の健康状態を知りたいというので、めんどくさいなぁと思いつつも近所で歩いてでも行ける場所なので歩いて行ってきた。

 

「夏はケトジェニックダイエットで体重も落として、運動もバンバンして、薬飲まなくって良いくらい調子よかったんだけど、寒くなってから血圧が高くなった様で、10月に歯医者さんで血圧を計ったら180-95と高い数字で驚いたし、歯医者も医者に行った方が良いというからアポを取った次第です。」とGPに伝えた。色々問診されて、結局は3ヶ月分のレフィルを貰った。先生は私のコレステロール値が気になるので、来週でもすぐアポをラボに入れてと思った様だが、「コロナが蔓延してる今ですか?もっと後に出来ませんか?」と言ったら、あっさり、3~6か月後って言われた!言ってみるもんだね。笑 

 

アメリカの良い所は言ったもんがちな所。お医者様だからって遠慮してたらいけないし、意外にもあっさり希望を聞いてくれる。以前サンアントニオに住んでいた時の事だが、なるべく薬は飲みたくないと伝えたら、なんと、ラベンダー精油を紹介してくれた医者がいた。(ラベンダーは血圧を下げる効果が期待できる)ワガママな患者が多いアメリカでは、患者の考えをなるべく尊重してやろうという気持ちが無きゃ医者に成れないのかもなとも思う。笑

 

そして昨日は、婦人科のアポ。こちらもGPから催促の電話がかなり前にあったのだが、アポが1月だっていう事でこればっかりは、医者の都合だからしょうがないと、昨日行ってきた。10時10分にアポで、時間よりかなり早くチェックインして、少し待たされ、診療室に入り、そこでまた少し待たされはしたが、高速な診察だった!笑 サクサク説明しながら触診やパップテストをしてあっという間だった。その後に同じオフィスでマンモのスクリーニングがあって、それもあっという間だった!いつもこうだと良いのにね。コロナ中のクリニックってすっごくいいわ!

 

しかしだ、最近、知り合いがコロナ陽性になったと聞いて驚いた。彼曰く、たぶん病院へ行った時に感染したと思うという事。やっぱりコロナが蔓延してる時は、なるべく病院やクリニックへ行かない方が良いに決まってるのだと思う。そうそう、昨日、マスクしてない親子がいたわ。医者のオフィスでだ。驚き!私がテキサスが嫌いな理由に、この様な人(トランパーリパブリカン)が多いからなのよね。アノ人達の頭の中身が私には全然理解できない。

 

日本でも、マスクしない人がいるらしいけど、どうしてなのだろうか?私のホームタウン横浜市では成人式をするとか、パラリンピックは開催するとか聞くけど、私は絶対止めた方が良いと思う。なぜなら、ここアメリカ、サンクスギビング、クリスマス、ニューイヤーと患者が爆発的に増えていて今大変な事になってるから。ドクターファウチも警告していたのにね。この界隈の病院のキャパシティー104%だと言うから。ニューイヤースデイが終わって間もないのに、すでにキャパを越えてるのだよ。これから先もっと増えると思う。

 

LAでは助かる見込みのない人を病院に受け入れないとか、切羽詰まった状態だと記事を読んだ。私は、そんな事出来るんだ!とは思ったが、そうするしかなければそうだろうよとも思った。病気になって生きるも死ぬも本人の勝手だが、手当する側も大変なのだという事を忘れてはならないと思う。究極の選択をせざる得ない状況になって来てるのだから。少しでも患者が増えない様にマスクする事が何故嫌なのかをアノ人達に直接聞いてみたいものだ。

 

大晦日、息子は職場の仲間の家である大晦日パーティーに招待されていて、行く予定だったが、娘に凄い言われてキャンセルした。「家には年寄りが2人もいるんだよ!そんなに自由にしたきゃ家を出ろ!」って、ごもっとも!と思ったが、年寄り2人?それって夫と私の事?と、まあ随分な言い方ね!と思ったが、娘の言ってる事は100%正しい。笑