recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

サンクスギビング前なのに

f:id:recipenomori:20201123234024j:plain

ご近所のデコレーションはすでにクリスマス仕様

本当に噂通りで、クリスマスが早くやって来たアメリカ202011月。今年はサンクスギビングをスキップする人が多いみたいだ。今朝、玄関付近で、うちでお世話している野良猫のオレンジ母さんとどこかの猫が喧嘩してる様子だったので玄関に出たら、この風景。躊躇なく写真を撮った。笑

 

人々の心、特にアメリカ人の心は、1日も早くこの状況から抜け出たいという心情ではなかろうか?それが伝わるのが今年の早めのクリスマスデコレーションではないだろうか?なのに、トランプはまだジタバタしてる。本当に往生際の悪い人だと思う。

 

国民から選ばれた大統領という立場を免責された時点で、法的に普通の人扱いに戻るのだが、その時、今まで疑いのあったすべての案件で起訴されることは間違いないだろうという事で、ご本人は相当焦りがあるのだろうけど、もう遅すぎるよ!と思うのは私だけだろうか?いい加減覚悟して捕まる準備をしたらいい。彼のフィクサーであったマイケル・コーエンはすでに実刑判決が出ているのだから。側近が自分の意思で動くとは考えにくいので、トランプの命令で動いたのが事実なら、この件だけでもトランプは真っ黒。自業自得とはこの事なのにね。

 

www.bbc.com

 

どうしてこうも、赤子の様なお爺さんなのだろうと、トランプという人は全くもって不思議な人だ。オギャーオギャーとなく赤子の様に、リカウント、リカウントと騒ぐけど、その分、人の時間と税金を無駄にしてる事ですでに犯罪じゃないの?と思うけど。

 

彼が80年間近くどの様に生きて来たかが全く私には分からない。けど、これから明るみになってどんどん書籍化されるのだろうね。一番読みたいなと思うのは、たぶんファーストレディーのストーリー。笑 十分に期待していいと私は思う。

 

先週、薬局でインフルエンザのワクチンをしてもらった。アメリカは自分の加入してる保険会社が薬局などと提携しているので、薬局で薬剤師さんに無料でワクチンを打って貰える。薬剤師さんも注射が打てるようにトレーニングされてる。うちの家族は毎回、うちの保険が使える薬局でインフルエンザの注射をしてもらう。

 

薬剤師のお兄さん曰く、今年のワクチンはかなり高確率で効くという事。99%と言ってたような。どうやって判るのかしらね?と思うけど。笑 コロナのワクチンもこれくらいの確率で効いてくれればいいのだけど。

 

今年は、サンクスギビングも普通のディナー仕様でいつものターキーブレストをローストして、マッシュポテト、グリーンビーンのバターソテー、デザートにパンプキンパイと簡素化。レシピ的に特に変わったところと言えば、血圧高めなので、減塩でという所か。

 

Festivityを感じるために、お酒をお高い日本のウイスキーでも買ってくるか!って息子と話していた。笑 うちの家族、半分以上日本人なので、とことんアメリカのカスタムに無関心。娘と息子はアメリカ育ちでないので尚更。

 

サントリーから出ている 響(ひびき)というウイスキーをご存知だろうか?あれが試してみたいと息子が言う。私も久々にサントリーが飲みたくなった!あまり量は飲めないけど、美味しいお酒は大好物。酒を大量に飲む人ほど、酒の味を気にしないものだよね。安いビールをたまに夫が買ってくると私は本当に驚く。なんで?って。お金ある人がそれをするか?と。しかも驚くのは、夫の造るクラフトビールの方が数倍美味いのだ。

 

趣味をビール造りからワイン造りに変えた理由は、夫の体に良くないからなのだが、私はアメリカで売られてるワイン造りのキットには限界がある気がしてる。どうやったって、ヨーロッパのワインの様にはならないから。私はドライな味が好きで、アメリカのワインはいつも甘すぎると感じている。最近あまりワインを飲まなくなった理由が口に合わないからだ。

 

その響と言う名のウイスキー、どうやらこの辺では入手が難しいようだ。今日は朝からフォードへ行った夫。うちの車がリコール対象で部品の交換をするらしい。シャトルで帰ってきた夫が、今日、車を取りに行った帰りにリカーショップによってみると言っていた。響 が楽しみで仕方ない。笑