recipenomoriの日記

海外生活長いけど、100%オーセンティック日本人アラカンの日記よ!

愛車は男の名刺

f:id:recipenomori:20210912235702j:plain

昔はこんなだった息子

この写真は、メルボルンに駐在中に開催された、F1グランプリのサーキットで2009年3月に撮った写真。3Dayパスで、毎日家から通ったアルバートパークは、家から徒歩で数分と言う距離だった。私達が住んでいた、メルボルンのコンドミニアムは、今まで駐在した国の中で一番便利な家だった。コネックス(電車)の駅、夫の職場、子供達の学校と、全てが徒歩でアクセスできた。トラムの駅などは、目の前にあった。

 

メルボルンの小学校の制服を着ている息子。カジュアルな制服なオーストラリア。もちろん、これはPE(体育用)の制服だけど。だいたいがこんな感じの制服が多い。テキサスでも、私立(クリスチャンスクール)は色さえ違うけど、こんな感じの制服よね。もちろん、普段はブレザー(パープル)にネクタイの制服だった。中学生にならないと、長ズボンを穿けないと言うルールがあり、イギリスのルールをそのまま持って来てるのかしら?と、冬でも寒そうな半ズボンの小学生が不憫に見えた。

 

メルボルンの私学の教育は、とても良かった。息子はこの時期に既に、理系のプロジェクト(ヤラ川の水質調査やソーラーパワーのロボテック)に参加させてもらったり、粘土細工でアニメーションを作ったり、ヴァイオリンを学校で教えてもらったりと、子供のタレントを早くから引き出す教育をしてくれた。あまり細かい事を言わない校風がとてもうちの子供達にあっていたと思う。それに比べると、インターナショナルスクールは、、、(ご想像にお任せします)

 

いつも思うけど、「インターナショナルスクールに子供を通わせる事の出来るの経済的余裕があるならば、ユニークな教育をしている私学の方が良いのではないか?インターナショナルスクール出身者で世間をお騒がせするくらい、世に出てる人って、KKさんしか知らないけど。」と言ったら、怒られるかしら?笑 

 

英語が流暢になると言うのと、ユニークな個性を引き出す教育。私だったら、子供の個性を尊重する、子供達が通ったメルボルンの私学の教育方針の方が好きだし、子供達も同じ事を言っている。因みにうちの子供達も、インターナショナルスクールが嫌い。笑 皆が思ってるほど、そんなに良くないって言ってるよね。何故、インターナショナルスクールが、いまだ日本で人気なのかが、私には解らない。良い学校は、他にも沢山あるのになぁ。

 

因みに金額の事を言うと、当時の金額で、このメルボルンの学校が年間150万円くらいに対して、次の赴任地のフランクフルトのインターは、200~300万の間だったと思う。高い割にこれかと思ったので金額調べたのだった。進学先も、インターとメルの私学の差はないと思う。娘の友達も有名私大に進学している。(どっちがお得?)

 

息子は、早くから車に興味があったので、大学はエンジニアリングメージャーだろうとは思っていたけど、フランクフルトのインターナショナルスクールで参加した、地球温暖化に関するリサーチの影響で、エレクトリックカーに使うバッテリーを作りたいと思ったらしく、ケミカルエンジニアリングメージャーで大学に入学した。

 

実際のところ、バッテリー開発は、アンダーグラドでは、ケミカルエンジニアリングでもいいのだが、マテリアルサイエンスや、エレクトリカルエンジニアリング、ケミストリー(サイエンス)メージャーの方が次の大学院でバッテリーに携われるチャンスがありそうだったね。と言う事になった。でも、息子の判断で、ケミカルエンジニアリングはもっと幅広いので、そのままでいいと言うのでそうさせた。

 

私の家系的には、メカニックが良いのだろうと思ったのだけど、ケミカルなら色んな方向性があるからと、最後までケミカルエンジニアリングで卒業した息子。因みに、弟のうちの長男も工学部で、機械工学。血だよね。笑 

 

そして息子、今になって、「車を作りたい!」とか言ってる。だから言ったのにねぇ。メカニックエンジニアリングにメージャー変えたら?って。息子が息子の持ってるディグリーで、車関係の企業で仕事ができるとしたら、フュール(燃料)関係の仕事だろうけど、それには、もう少し、専門な勉強が必要だと思う。

 

そんなこんなを悩んでる暇なく働き、忙しく世の為人の為、薬を作ってる息子は、車が趣味化している。笑 よくあるパターンなのだろうね。そして息子曰く、息子の様な人が職場に沢山いるらしい。笑

 

昨日は、1日中、クライアントさんをエスコートしてたらしいのだが、その人がまた車好きで、話が弾んだと喜んでいた。「ああ、君、ミアタ持ってるでしょ?」から始まって、「ああ、あなた**に乗ってますよね?」となるらしい。笑 なんとも、バブル期のオジサンたちの様な会話が始まるらしい。

 

そして、息子が言う。「車は男のビジネスカード(名刺)!大体どんな人なのか分かる」と。なるほど、そうかもな。車の趣味で、その人の人柄が少しわかるかもね。だから、夫が乗ってる様な、ファミリーカー(フォード・フュージョン)に乗ってる人はつまらない人かもね。笑 

 

夫も若い頃は車にお金をかける人だったけど、リタイアした今は燃費が一番重要。なので、今現在の夫のドリームカーは、テスラらしいよ。私がフュージョンを貰う事になってる。笑

 

トップギアの元レーサーのリチャード・ハモンドが言ってたらしいのだが、「もし、仕事が嫌いなら、良い車を買ったらいい!毎日仕事に行くのが楽しくなるから!」コレ、ある意味名言だよね。その通りだと思うと息子は言っていた。

 

f:id:recipenomori:20210913012958j:plain

本帰国して間もない頃/まだ荷物が届いていない頃

引越の荷物が届く前の家で、唯一の楽しみだった、トップギアを観ている夫と息子。私の思った通り、共通の趣味が車と言うオチ。確執のあった親子、息子が小さい時は、この親子どうなるんだろう?って心配したもんだったけど、今は、楽しそうに車の話や、投資の話で盛り上がってるよ。しめしめ。笑

 

サバイバル

f:id:recipenomori:20210912000800j:plain

外の猫が2匹に?

薄暗くってわかりにくいけど、黒猫が2匹いるのがわかるだろうか?後ろにいるのが、私が毎晩餌をあげてる、クロちゃん。手前のが、昨日現れた他の黒猫。ガリガリに痩せているので、クロちゃんの兄弟?と思いきや、どうやら迷い猫の様だ。

 

クロちゃんは、うちで捕まえて、TNR(獣医で自腹pay)した野良猫。この猫は飼い猫にするのは難しいと思われるので、私達がここに居る間は、毎晩餌をあげることにした。こうなるのは、猫が悪いんじゃなく、ちゃんと飼えない人間がいるからなんだものね。今住んでるエリアには、責任感のない飼い主が多過ぎる。

 

どうして、この痩せ猫が飼い猫だと分かったかと言うと、昨日の夕方、なんと、うちの猫のシマ(テリトリー)である裏庭にやって来て、大変だったのだった。普通、野良猫だったら、4匹の猫がシェアしてるテリトリーに気軽に入って来ない。よっぱど自分は、最強だ!と思ってるオス猫か、世間知らずな、飼い猫のどちらか。(トランプみたいだな lol)

 

新入り黒猫の近くに行って、触れるかどうかをやってみたら、案の定、私に近付いてきてスリスリして来た。飼い猫だ。と言う事は迷い猫。「あーめんどくさ!またか!」と正直思った。どうしてちゃんとペットを飼えない人が多いんだろうね、おらが町。

 

猫は、テリトリアスな動物だけど、そりゃあ、夜外に出せば、いなくなるさ。バカなの?人間の癖に!って思うもの。夜は、猫だけでなく、コヨーテもフクロウも活動時間。見つかったら最後、食われるに決まってるし、追っかけられて、逃げ伸びても、帰り道が分からなくなってそのまま、餓死か、車に轢かれるか、賢い猫は、こうやって人間に助けを求めにやって来る。

 

ここは、前に居たサンアントニオのサブデビジョンより、行方不明になるペットが多い。それは、飼い主がペットの飼い方を知らない人が多いからと私は思ってる。住宅地を、田舎のファームかなんかと勘違いしてるのだと思う。マナーがねぇ。イマイチ。

 

うちは、昼間に猫達を裏庭に出すことはあっても、夕方必ず家の中に入れる。そして、夜間は家の中で寝る様に躾けた。しばらくすると、全ての猫が裏庭から遠くへ行くことはなくなった。猫だって、人間が言わんとしてる事が理解できるし、リスクは避けたいのだ。

 

家にいるフォスター猫2匹は、この界隈の野良猫だったにもかかわらず、もう外に出て何する訳でもなく、裏庭の冷たいコンクリート上で、お昼寝する程度で満足するようになったのだから、その様に猫を躾ければいいだけの事なのにね。全然難しくない。もともと居た2匹もフェンスから出る事がなくなった。

 

いい加減な人達が凄く気になる性格なので、ここはもういいかなと思ってる。笑 この黒猫は、捕獲し、シェルターにもっていく。夫も、「またか!」と、私がこの猫を家に入れるんじゃないかと、ヒヤヒヤしてた。笑 私は、そこまでアホじゃない。これは、私の仕事ではない、Lost & Found、シェルターのお仕事。

 

私の仕事は、家に入って来れそうな野良猫を躾けて、Adoptable(飼い猫になれる状態)にしてから、シェルターに連れて行って、フォーエバーホームをゲットしてもらうお手伝いで終わる。じゃないとキリがない。お金が掛かる作業なのだ。

 

まだ子猫だった頃、うちの裏庭のフェンスの支柱の中に落ちて、悲鳴を上げてたストちゃんは、私達に縁があってうちの子になったけど、あれは特例。ストちゃんは、変な猫だけど、一番私の言う事を聞く犬みたいな猫。かなり賢いし、運動神経いいし、性格が優しい。だから、私の猫になった。そして、家族全員が触れる猫に昇格した。笑

 

オレンジ母さんも、そのうち抱っこできるようになったら、シェルターへ連れて行くつもり。子供を外で産んだ野良猫だったので、ダメかな?と思ったけど、妊娠中に私達が餌を与えてたので、今のところ飼い猫として生きて行けるチャンスはあると思ってる。生き残った子供達2匹は、シェルター経由で貰われて行った。家には、もともと2匹の黒猫がいるんだもの、ストちゃんですら、どうしようかと悩むのに、オレンジまではムリ。可愛い だけじゃ済まない事ってあるしね。

 

しかし、その新入り黒猫、大変お腹が空いていたようで、昨晩の食欲は凄かった!私は、クロちゃんが食べ終わったドライフードは、ポッサムが来るので毎晩片付けてた。けど、それに気が付いたクロちゃんが、新入りが食えないからと、一昨晩食事に連れて来たのだと思う。クロちゃんのその行為に、猫同士の思いやりを私は感じた。自分自身が必ず優先順位の上の来る人間より、はるかに温かいものを感じた。

 

猫のコミュニティーは、人間のコミュニティーより、助け合いの精神に基づいてる のだよ!とても崇高な精神。サバイバルがみんなのゴールなんだ。サバイバルする事は、どんな生き物も、命あるものは皆そうなんだろうけど、頭でっかちな人間なんて、マスクやワクチンで、するしないの大騒ぎ。(苦笑)

 

人類がサバイブする為なら、皆がワクチン打って病気を抑え込まなきゃいけないのにね。この分だと、室内で密になる冬場、今年も沢山の人が亡くなるのではなかろうか?と私は思ってる。さて、人間より、猫の方がサバイバルスキル高そう?なんて思う出来事だった。笑 自己中は世界を破滅に追いやる?

 

ところで、話、変わるけど、AOCのメット・ガラのドレス、ウケた!Tax the Rich!エエなぁ、あの人。すっきやわ!Love her so much!!!

 

メット・ガラのコンセプトって、面白いと思うよ、文化的で。私はキライじゃない。

 

でも、こんなことやる金があったら、貧しくて食えねぇ奴らに食わせてやれよ!って、これって、革命前のフランスに似てね?って正直思うもの。笑 ベルサイユの社交パーティーみたくない?パンも、お菓子も、サポートもないから、ドラッグに走るんだってば。ケンジントン・アヴェニュー(PA)のホームレス達を見ればわかるのにね。やる事(課題)、いっぱいよ!アメリカ!

 

 

 

 

話のネタになるメルカリのお客

f:id:recipenomori:20210911000946j:plain

メルカリ出店の必需品を買った

最近の配達人、、、仕事がザツ!!!私が送った商品が壊れてる!ってバイヤーから連絡があった。ぐるんぐるんにバブルラップで巻いたんだが。ヴィンテージのキャセロールなんだけど、別に高いものではないし、その人がどうしても欲しいなら、同じものが、もう一点まだ家にあるので、それをリプレイスしてもいいのだけど。使った業者はUPS。扱う人にもよるんだろうけど、郵便局(USPS)の人の方が物の扱い方丁寧だよね。In my opinion.

 

なんというか、ザツな人 ってアメリカに凄く多いなって感じるんだよね、私は。私には、比べる国が普通の人より沢山あるって事だろうけど、どうやっても、ザツさなら、No.1のポジションに来るのが、今いる国、アメリカだ。やっぱり、人の事をケアしない人が増えているからだと思ってる。

 

自分が一番優先と思ってる人(自己中)が多いので、その言動も、思い込みの激しい一言が良く出る。メリカリをやってると、たま~にそんな、はぁ?な人に出会うのだ。笑

 

メルカリで、新規出店品の数で、それ相当の金額のクーポンが貰えると言うイベントをやっていて、んじゃ、要らないものでも売るか?と探し回って、ああ、そう言えば、使わないソープメイキングの関連品があったなぁと、何点か出店した。過去に、私もやろうと思ってたソープビジネス。人気なのだね。サクッと、秒で3人からお問い合わせが入った。

 

時間の古い順に、一番最初にメッセージをくれた人から順々に質問に答えて行った。そして、一番最後の人の質問が、中途半端な質問だったので、確認をするメッセージを送った。(そう言う質問をすると、ひと手間多くなるだよ)その内容とは、「****ブランドのモノが全部買い取りたいんだけど、いくらにしてくれる?」と言う内容。全部って、どれとどれだよ?って思ったので、自分のアップした商品を確認し、それらのアイテムで間違いないか?と確認した。

 

こういう、中途半端な質問をしてくる人は、絶対に、めんどくさいお客なのよ!もうね、販売職長かったから言い切るけど、本当にそうなの!ビジネスの世界知ってる賢い人なら、相手がサクッと、Yes or No で答えられる質問をするものなのよ。これは、世界の常識 なのよね。相手に対して、一作業を多くするような事を、はじめっから言わないの。だって、そんなことしたら、必ず後回しにされるから。(もう一度言う、世界の常識)

 

この場合なら、「何と何が欲しいのですが、一緒に送って頂けますか?」と出店品の名前を自らリストアップするのよ。この怠け者さが後で祟って、この人は購入できずで、他の人が全部購入して行った。で、やっぱり、文句を言って来たわけだよ、この人。笑

 

一番最初の人が、リストアップをサクッとしたから、メッセージのやり取りがスムーズで、結局、その人が全て買い取る事になったのだが、その、めんどくさい質問をして来た最後のお客が、取引が済んだ後連絡してきた。

 

「メッセージしたけどメッセージが入らなかった!」(もちろん、バンドルのオーダーが入れば、出店品各品は、重複を避けるため、さげなきゃならんから、そのページにくっ付いてきたメッセージも一緒に消える)だから、私は、「ごめんなさいね、あなたの欲しい商品は他の人が買い取りました、まだこれとこれなら残ってます。」とメッセージをしたら、、、。

 

その後はこう、Most people put it high so someone does not buy out from someone who asked first. だそうだ。・・・イミフ。ってか、ナニ様?的発言??私個人的に、アメリカ人の英語って凄く苦手。何言が言いたいのか、定かではなく良く解らない事が多い。英語をイギリス人に習って正解だったと思うのは、こんな時なのよ。

 

イミフ過ぎて、始めは私の英語力?と思ったけど、事が済んでから、やっぱり、どんな意味があるのか?と知りたかったので、家に居た、バイリンガルの息子に聞いたら、「たぶん、自分が一番最初に聞いたのに、と言う文句だと思うけど、どうして、何の証拠もなく、そう思い込めるんだろうね?女の人ってめんどくさいね!男だとこういう事はないよ!」と言った。やっぱりそうか!でも、息子の発言、ちょっとセクシスト的な発言だけど、まあまあ当たってるかな。笑 娘にもメッセージして聞いたけど、娘なんか、無視すればいい だって!ドライ~。lol

 

なんとなく、息子が思った様な内容だろうなと、私も察しがついていたので、このめんどくさいお客に、説明はしておいたのだよね。「ごめんなさいね、でも、あなたの前に2人の人が同じ商品を欲しいと言って来たのよ。そしてあなたは一番最後だった。」って。そしたら、しおらしく、「OK。」だって!!!な~んだ、だったら文句言うなよ!こんな簡単に引き下がるんなら~!笑笑 だから、私、「ご理解ありがとうございます!」って返したら、また、OK だって!!!

 

ガッツポーズ!de 勝った!(何でも勝ち負けにこだわる体育会系?)

 

私は、天下の日本のデパート、しかも、東京の老舗百貨店で仕事(インショップ)してたのよね(なんの自慢にもならない?)、こんな、お客の一人や二人は、日常茶飯事の、天下の老舗百貨店・イン・ジャパン!!!舐めんなよ~!(あら、ごめんあさーせ、口が悪るくって)

 

でも、本当にこんな時、デパートでのスキルが役に立つわよね。始めは下手に出て、事実+論理で押して、お客様に納得してもらって、最後は忘れず、お客様をヨイショ~!!笑 コレ、あの業界で鍛錬されるものかも?と改めて思った。要は、こちらがどんなに不快な思いをお客からさせられても、お客には気持ちよく(とっとと)帰ってもらう事なのよね。

 

建前でも、お客様は神様です!を演じる事が出来ないと、あの業界はムリなのだろう。と言う事で、適性があるのだな、私。と、万が一、日本に帰る事があったら、デパートでマネキンのおばちゃん出来るやん!となった私。もし、今、夫に先立たれた時の心配が一つ減った気がした。(単純)

内部事情

f:id:recipenomori:20210906020600j:plain

私の部屋はジムになった

f:id:recipenomori:20210906020645j:plain

やっぱり、小さい部屋だった

この2つしか入らなかった。笑 引越ししたいと思う訳だ。テンポラリーの家と言えども、狭いよ、この家。次に住む家は、この倍くらい欲しいと私は思うけど。私が欲しい家には、ガラス窓の大きな、日当たり良好な、植物&猫部屋と、この様な、どんな悪天候でもへっちゃらな、エクササイズルームと、野菜が作れて、ニワトリやハニービーが飼える大きめの庭が欲しい。

 

今の様な状況に置かれ、やってみたい事を我慢すると、生きる事に対して脱力してしまう。人生は好きな様に楽しむべき。その為に毎日頑張るのだから。

 

とは言うものの、そこには、誰が作ったか分からない、いつからあるのかもしれない、社会の仕組みが、壁となって現れる。それも、うーんとウザい壁。笑 将来を見つめ、どんな職業が自分にとって一番有利だろうか?と考える時に、このウザい壁は現れるのだ。

 

先日、眞子様が学芸員の資格をお持ちなのでアメリカでも仕事ができる可能性がある と言う話を聞いて思い出したことがあったのだ。博物館などの、コンサベーションの仕事を目指してた娘が、その進路を変更した理由が、まさに、壁。調べれば調べる程、コンサベーションの仕事は、狭き門と言うのが分かったと言っていた。

 

眞子様が目指す学芸員(キューレター?)のお仕事も、同じくな様で、コネクションがすべてな所があるらしいと言われてる様だ。娘が目指していた仕事の、「作品の保護」に関する仕事=コンサベーションも、そのうちの一つ。だが、実際に仕事を貰えるまでの道のりが異様に長く、その間は、ほぼ、ちゃんとした仕事に就かず、給料が安いならまだしも、無給のボランティアだったりと、見習いの身分が続く。30過ぎまで金銭的に実家のお世話になれる人のみに開ける道らしいのだ。

 

何処か時代遅れなシステムではなかろうか?と私は思うのだが、 そんな事なので、実家がお金持ちの人しか、コンサベーションの仕事に就けないと言う結果になるらしい。プラス、やっぱり、白人ばかりの世界なのだそうだ。要するに、その手のお仕事はお金持ちの、それも白人が独占してる状況らしい。

 

そして一度仕事を貰ったら、なかなかリタイアせずで(あるある?)、いつまでもそのポジションがオープンする事はない。最近では、こんなシステムに反発する若者が増えて、システムを変えるべきだ!と学生たちは声を大にして言ってるらしいのだが、その声が届く事はない様だ。コネのあるものだけにオープンされた世界は変わる気配はない。

 

そんなのをリサーチして知ってしまった娘は、その仕事に近いエリアでと大学院へ進学した。更に、何処にでも転べるスキルを習得できる勉強なので、最悪、自分の目指す職種でなくても、企業で雇って貰えるだろうと言う事。世の中の仕組みに従って、自分に負担がなく、挫折の少ない道を選んだのだった。運悪く、娘は良家のお嬢ではない。

 

でも、娘には、アートと言うタレントがあるので、いずれは、その道で道を究めるんじゃないか?と私は期待している。結局、生活する上で糧になるモノ、しかも、確実に収入がある仕事に就いて、足元を固めてからでも、タレントは、まだまだ使えるわけで、今現在に置いて、娘のした選択は賢い選択だと思うし、なんたって、学歴が上がれば、給料も上がるのだろうから、アートメージャーで卒業した娘には、更に上の学校へ進んでディグリーを貰う事は必須だったのかもしれない。

 

娘は何よりも安定を好む。心配事はセンシティブな娘には負担が大きすぎるのだ。一方、息子は、何よりも楽しい事が優先な、呑気な性格である。先日、出かけた時に車の中で夫とこの様に話していた。夫も頷いてた。笑

 

何回も言う様だけど、アートメージャーで就職しようと思ったら、給料が安いのは覚悟の上。どうしてもと言うなら、ダブルメージャーで就職し易いメージャーをもう一つ選んだ方が、後の人生、生き易いかも。(警告?)

 

そして、眞子様のウィキを読んでて、ご本人の努力もあるのだろうけど、ご立派なご経歴。普通の家庭出身ではこうは行かないだろうなと思わせる。なるほど、コネクションがすべての世の中なだぁとプチ挫折を味わう程。羨ましい限りである。インターンを貰うのも難しいのに、この経歴は、同じところを目指す人には、ジェラス の一言ではなかろうか?と思ったりした。笑

 

が、自立しなければならない分、他人を当てにせず、慎重に人生の選択をし、賢く立ち回れるアイデアも浮かぶんだろうと、娘にとっては、それはそれで、今後の人生を歩むうえで、重要な経験だったに違いないだろうと思った。世の中の仕組みを早めに理解し、文句ひとつ言わず、自分なりに と努力し続ける覚悟が出来ているのだから。

 

そして、私は思う、Higher Education(大学、大学院) 、勉強するなら、やっぱり、STEM!なぜならば、実力、努力次第で何とかなりそうだから。笑 (それでもコネが重要なアメリカなんだけどね~)

 

しかしだ、皇室を出られて一般人になられるって、娘の様に苦労するって事なんだろうけど、良いのかしらね?それで。皇室コネクションだけは、そのままキープなのかしらね?・・・やっぱり、羨ましいわね。笑

 

息子、借金完済

f:id:recipenomori:20210905234748j:plain

息子の愛車

銀行からも借りず、ローンも組まず、夫の提供した親子ローンで即買いした、息子の愛車。先月、無事残りのローンを夫に返済したそうだ。「オフィシャリーで、これは俺の車!誰も勝手に触れないぞ!」と喜んでいた。中古で32K (日本円で320万くらい/新車だと、38K~40K・USDらしい)のだったのだが、ドージコインで儲けたお金と、家にいる分、金を使わないので、返済は割と早かった。

 

子供が自分で車を買う様になると、あっという間に、親は、残りの人生にフォーカス出来る。そう言った意味で、車社会のアメリカでは、自分で車を買う事 は、自立への最初の一歩かもなって思う。娘も大学を卒業してすぐに、在学中の貯金を頭金にして、新車の一番安いのをディーラーで買った。娘は、親からも借金せず、自分でローンを組んで、割りと早めに完済した。これも実家にいるからできるワザである。

 

アメリカでは、ローンを組んで何かするのは当たり前。と、私の父の様な考えの人が多くって、あまり良い事ではないなと、私は思う。うちの父も、いざと言う時の貯え無しなのに、借りたお金で、事業が出来るじゃないか?!とアメリカっぽい考えの人だった。それが災いした人なので、私はローンを組むという行為の信者ではない。

 

夫も「俺は借金のアレルギーだから、借金大嫌い!」と言う人なので、本帰国して、最初に買った、車も、家も、現金だった。(そう言う人も珍しい)好きにやったらいいさと思ったので、私は何も言わなかったけど。

 

そんな両親に育てられた、子供達は、大学の学費の借金がない分、学費の借金がある子より、今が楽だとは思う。その先の教育は、大人の教育で、経費はご自分でどうぞ と言ってあるので、娘は借金して大学院へ進学した。なので、有名私立大学の学費を見て、こんな高いの無理!と言っていた。笑 今、他州の州立大学で、大学内で大学院生用の仕事をしながら、勉強している。

 

昨日、「今日の夕飯は何食べるの?」とテクストを送ると、「カレー」 と返って来た。笑 どうやら、自分で運転していける範囲でアジアンマーケット(韓国)があるようだ。娘の車は、娘が業者に頼んで運んでもらった。バスで大学に通える様だが、やっぱりアメリカで暮らすには、車がないと買い物すら行けないので車を配送してもらったみたいだ。たまに、「何を食べてるのか?」って聞かないと、私は心配になる。今の若い人の食生活(アメリカ)は、超が付くほど、不健康だから。

 

息子の職場にいる、一人暮らしの男の子の食事内容は、聞いてるこっちが気持ち悪くなるくらい。安いジャンクフードで 生き残ってる って感じなのだ。私からすれば、生き残りって文字じゃなく、 なんだけど。ただでさえ、大量生産によって、栄養価の極めて低い食材が溢れてるアメリカで、ジャンクフードは、即、う*ちになるモノ(カス)しか入ってない気がするのだが。あんなもん食って生活したら、そりゃあ、医療費が高くつくに決まってる。

 

アメリカでは、大学に進学してすぐに、10ポンド(5㎏)肥る と言われるらしいけど、うちの子供達は、逆で痩せてしまった組。家庭料理とは違う食べ物なので口に合わない、食べる気しなくなる、仕事、勉強で忙しいと重なって、食が細くなってしまったらしい。外食など、もってのほか、生活費をセーブするには、出来るだけ美味しい外食は避けなければならない。笑

 

資産のある人だけが生き残れる仕組みのある、悪循環が大好きなアメリカで生き残るには、もう少しだけ賢くないとね。でも、実際、若者のお給料では、そんな食事しかできないのだ。息子も自活してれば、今頃体調を崩していると、私は思う。それを、口に出して息子に伝えている。「一人で暮らす時は、**(娘)の様に自分でミールプレップをしないと。」と。さあ、どこまでできるでしょうかね?

 

そろそろ、私達もテキサスから出て行く準備に取り掛かるので、息子は、ヘルシーな自立が必須なのにね。相変わらず、お・ぼ・つ・ち・や・ま。な、息子だ。笑

 

アメリカでは、子供が大学へ進学したら、もう親の手を離れた!と思う人が多い様だが、私の経験上、それは、もう過去の話と言うか、そう言う人達は、経済的に余裕があるので(お金持ち)、子供が自立するためのお金の使い方が、うちとは違うんだろうと思う。何でも、お金で解決できるから、そう言ってるのだろうと。結局金銭的なサポートが全くない状態で、若者が、大学卒業してすぐに自立!となる例の方が最近では珍しいのではなかろうか?と正直思った。特にコロナ禍の今の世の中では、若者の自立は難しくなってるだろう。

 

プラス、物が溢れている環境で育った人達は、基本贅沢。お金の使い方もそれなりに、コンフォータブルな生活を望む使い方。節約なんてできないだろう。となると、両親の出番が多くなるのではなかろうか?うちだって、最終的にはポンと出してしまうから。ただ、当てにするなと教えて来ただけ。

 

本人の優秀さにもよるけど、現在のアメリカ、若い子が自立しにくい環境が整ってる 気がする。だから、アメリカの若い子は、1人ではなく、早いうちからカップルになって、それを乗り切る様に私には見える。苦肉の策。私は少なくっても25歳過ぎないと結婚相手なんか選べないと思うし、息子も娘も、30まで結婚しなくってもいいよ!と言っている。キャリアファースト、結婚セコンド。私が日本では晩婚の方だったからか、結婚は精神的に成長してからの方が後々、上手く行く気がするし。

 

娘のルームメイトだった子も、さっさとバイト先で見つけた人と一緒に暮らし、頑張っている。彼女の両親は外国人なので、末っ子の彼女の卒業と同時に、リタイアしてサッサと自分の国に帰って行ったと言う事だ。これはこれで、自立必須!だっただろうね。しっかりしている子なので、親も心配してないのだろうね。

 

アメリカでは、一人で自立するにはお金が掛かり過ぎて、ルームメイト以上の、ライフメイトが即必要なんだよね。それを、ハズバンドって言ったり、ボーイフレンドと言ったり、フィアンセと言ったりするのよね。笑 協力者が必要なくらいな初任給で、一人暮らしは、健康を損ねる位大変な事よね。

 

しかし、離婚率が高いのもこう言った、生きる上での、結婚の必需性 が関係あるのかもしれないなって思う。一人でも余裕でやって行ける給料なら結婚しないでしょ?(私は年収が1000万円くらいあったら結婚してなかったと思う)20代前半で結婚なんて、私には考えられないものな。しまった!って思ってやり直す人が多いって、理解できる。

 

そう言った意味で、最初の一歩の部分を、両親が、何かしらの形でお手伝いしてやるのは、当たり前になって来てると思って良いと私は思う。子供達がまだ高校生だった時に、私が思っていたアメリカとだいぶ違っている。

 

イリノイ大学のサイエンス系メージャーに進学した義兄は、自分で学費を稼ぎながら卒業し、卒業と同時にデキ婚した。当時の学費は、今の10分の1くらいか?だから出来た結婚だと思うが、今のアメリカ、弱者に寄り添うような国じゃないよね。学生から金巻き上げて・・・と思うのだが。誰がこうしたんだろうね?罪な話だ。

 

今、息子の卒業した大学では、キャリアフェア―をやっている。そこに、バイト仲間だった友達がリクルーターとして来てるので、今日は、たまたま息子も休みなので、ランチを一緒に食べるらしい。その友達は、良い企業に就職出来て、年収が100K以上と言う、なんとも羨ましい、自立できる年収。が、メージャーがコンピューターサイエンス。息子曰く、ケミカルエンジニアリングは、コネがないと、その様には行かない。と言っていた。参考まで。やっぱり、卒業するメージャーでだいぶ違う様だ。

 

 

 

 

 

30年もたせるコツ

f:id:recipenomori:20210905014203j:plain

壁に掛ける植物

ドイツに居た頃、お友達に連れて行ってもらった、クラフトマーケットで買った植物用のバスケット。なかなか使う機会がなかったけど、あ!と思いだして、壁掛け用のフックをアマゾンプライムに入ってる息子におねだりして、アマゾンで購入してもらったので、サクッとつけてみた。

 

この壁の真向かいに玄関ドアがあり、ガラスと鉄格子が付いてる窓付きドアなので、光は十分過ぎる位入って来る。この壁には、元々、うちの夫のサーネーム(姓名)の「クレスト」のデザイン画が額縁に入ってるものと、うちの夫のサーネームの由来の説明が書いてある紙が額縁に入っているものとが飾ってあったが、日に焼けて来たので、移動させた。

 

なかなか、イイ感じに飾れたので、IKEAで買ったハンギングポットも、この方法で光が入る壁に飾ろうか?と思う。家に緑が増えるとなぜか落ち着く。私が生け花が好きな理由がコレ。家の中が屋外っぽい雰囲気になるのがとっても好き。花瓶の中の花より自然体なのが生け花。

 

昔、色彩の勉強をしていた時に、色のない世界に、色を2つだけ持って行けるとしたら、あなたは何色と何色を持っていく?って言う先生の質問に、私は、緑と青と答えた。生命の色だからだと思った。お水と緑があれば何とかなる気がするからだと思う。

 

結婚30周年を迎えられた私達。コロナのデルタ株が猛威を振るう、おらが町。ICUのベッドは満員御礼。記念日だった日は、特別お祝いの外食もせず、テキサスでは美味しい方なんじゃない?って言う、BBQ屋さんで肉(ポークリブやブリスケット)をたくさん買って来て、それを各自頂いた。美味しかった!

 

リタイア夫婦+シフト制で仕事してる息子 と言うコンビネーションは、一緒に食事するタイミングが殆どないのだ。各自勝手に自分のスケジュールで食事している。私は朝型、夫は夜型で、起きる時間も違うし、しかも私は、朝食を食べないので、朝はパンの作り置き、シリアルなど、好きな物を勝手に食べてもらってる。楽よ。笑 

 

昔母がまだ生きているころ、母に、夫は自分の部屋で食事を食べるのが好きと話したら、食事は家族でするものだと、しかめっ面で呆れられたが、夫の父も別のテーブルで一人食べてた様で、夫のこの習慣は、たぶん言うだけ無駄だと思ったので、私と子供達、夫は別。と言うのを30年続けてるわけだ。でも離婚しなくって済んだと言う事は、やっぱり、何かにつけて、家族だから と言わなかったからでなかろうか? 好きなようにやって良いよ!と、やって来た事が逆に良かったのだと思う。もともと、自分自身が、あれがダメこれがダメって言われるのが、凄く堪える性格なんで、これしかできなかっただろうし。

 

家族だから ~しなきゃいけない と言う、漬物石みたいな、言葉に共感持てる人の方が少ないのではないだろうか? 家族と言うユニットに拘る事が、時には重荷になるんだと思う。人間、どんな状況でも、どんな関係でも、付かず離れずが一番心地よいのではないだろうか?私の周りで、家族、家族と言ってる人ほど、離婚してたり、家族に人気なかったりしてたものな。家族って「さりげなく」っていいのだと思う。

 

とはいうものの、30年って気が付くのがもっと早かったら、Republic に予約出来たのになと、後悔している。おらが町で一番の高級レストラン?と言うステーキハウスがあるのだ。このステーキハウスは、ブッシュ家ご用達レストランらしいので、一度話のネタに行ってみたいとは思ってた。

 

私が30周年と気が付いたのが、記念日の前の日の朝。夫が「どこかナイスなレストランで食事すべき」と言うから、「ああそうだ!91年だったから、30年や~!」ってなった。けど、最近外食など全然してないし、何処かめんどくさいのだよね、外食。(今そう言う運気)私は外食があまり好きじゃない。アメリカで美味しい店が少ないって言うのもあるけど。笑 日本なら行きたい店は沢山あるのにね。

 

こんな感じで、特に30周年だと気張って何する事もなく、アメリカ人夫が大好きなBBQを食べて終わった結婚記念日であった。真珠婚と言う事で、何かパールの指輪でも買おうかしら?なんてネットをみてたら、3000ドル以上の物しか欲しくない自分。笑 パールの指輪は3つくらい持っているが、大きめの玉となると、相当お高い。3000ドルでは買えない9㎜玉以上の物が欲しい。最近、悩まない値段の物は即買ってるし、欲しいなって思う物は、悩む値段の物しかないのだよね。

 

と言うか、幸運な事に、30年も普通に安定した生活が送れてると、土地とか、家(House)位しか欲しいもの無いね。笑 必要なものは全部そろってるんだよね、その頃には。この頃になると、いかに断捨離するかになってくるものね。笑(終活)

 

「60歳からの人生は、人生の最終章」 と言われてるようだけど、最終章のシナリオそろそろ考えなきゃね。何やろうかなぁ。

 


www.youtube.com

 

天剋地冲の大運だった15歳までは、この先、私はどうなるのだろう?って言う家庭で育ったけど、この人が言ってる事が当ってるなら、私の手相はそんなに悪くないかも?しかし、手相占いって当たるのかしらね?ファティマの目も持ってるし、フィッシュもいるし、私の手相も、命式と同じで特徴あるのか?と思ったり。良いか悪いかは別として。

 

 

 

 

 

 

 

ハリケーンその後

f:id:recipenomori:20210902230025j:plain

即席で作ったケイジュン丼

ニューオーリンズの人達大変だったなぁ。と、思いながらご飯作ってたら、こんなご飯が出来あがった。私のお昼兼朝食。朝ごはんの材料の卵とベーコンで作ったケイジュン風なお味の丼ぶり。結構美味しかったので、この簡単レシピは、私のレシピ置き場に格納決定。

 

今朝、ニュースをチェックしてたら、ニューヨークが水浸し。フラッシュ洪水と言う、テキサスでよくあるあれ。日本でも渋谷駅の周りや、五反田あたりで雨が大量に降るとあるあれ。最近、何処もお水の被害が凄いね。

 

アメリカに住んでる年月は、海外に出てた事もあって、計15年くらい?いまだアメリカ全土の気候が頭に入ってない。アメリカは、デカい。デカいが故に、地域によってその気候も様々。中でも、全く予想すら立たないのが東海岸沿いのハリケーンシーズン。(Atlantic Hurricane Season)

 

東海岸に、私達の住めそうなところはないか?と、これから旅行に行こうと思っていた時期がまさにこの時期だった。笑 9月から11月くらいまではハリケーンシーズンらしい。マイアミの義伯父さん曰く、マイアミは6月以降はもうハリケーンシーズンと言ってたような。なんか、想像してたより凄く早かったように思う。さあ、どうなるんだろうね、旅行。

 

西海岸は、地震や山火事、さらに最近は洪水と、アメリカに住む所ってないんじゃない?って思うくらい、気候が安定したところってないよね。まあ、世界各地がこうだからしょうがないのかな?

 

日本に居ずらいから、海外出ちゃえ!ってな感じで、アメリカ嫌いだから海外出ちゃえと気軽に行かない、アラカンなんで、今更だが、本当に好きじゃない国に、なんで嫁いだ?って自分を呪いたいわ!笑 と、今日は、私等の結婚記念日。30年の真珠婚。笑笑

 

f:id:recipenomori:20210903235608j:plain

30年前にお祝いで頂いたパールネックレース

当時働いていた会社の方達から頂いた、真珠のネックレース!この場で、お礼を!「本当にありがとうございます!30年間続きましたよ!笑笑」 さぁ、金婚式までGO?!(生きてるかなぁ、お互い)

 

 

でも、あのままずーっと日本に居ても私は居ずらかったかもね。海外にドサ回り(駐在)出来ただけ良かったのかも。その時間は、私らしい時間だったと思うし。テキサスが合わないって、わかっただけ良かったと思えばいいや。

 

ここに来る前は、テキサスはお金持ちの州だから安心して暮らせる。なんて言うのを、そうなんだ~!と信じていたから、ここに来たけど、蓋を開けたら、問題だらけじゃんか!だよね。この前の寒波の時がいい例さ。停電による寒さで、人々は凍え死にそうになったりさ。なんでやねん!・・・やっぱり、自分でリサーチ。

 

それに、住処って、性格的によってで、合う合わないは全然違うよ。私は小さめの州が良いかも。だから東海岸なんだけど。デカい州はもうこりごり。特にテキサスの田舎は、孤立した島 みたいで、陸続きが好きな私には全くダメだ。マインドが私とは全く違う。

 

南部。これもダメ。まず暑いの苦手。そして、くどいの苦手(食べ物)。宗教っぽいの苦手。と、苦手なものが多い。最近、日差しが強すぎて、顔の皮膚が炎症してしまった私。赤く斑点になってる。ちゃんと日焼け止め付けてもこれだから、私はフランクフルトの様に暗めな所の方が体がマッチする様だ。

 

そうそう、メルカリって面白くって、購入希望者からメッセージが来たら、メッセージ返すでしょ?商売だから。その時に、ちょっと相手が話すの好きな人だと、彼等がその土地でどう生きてるのかな?って垣間見ることができるんだけど、やっぱり地域によって差があるよ。興味深いよね。

 

西も東も、都会の人は、礼儀正しいけど、ちょっと不親切。(あるある)ミッドウエスターンは、田舎故に自分なりに人生楽しもうと努力してる。好感度は高い。基本的に良い人多そうな感じがする。私はミッドウエストに違和感ない。(もともとシカゴ)南部は、2つに分かれる。無礼な人と、逆に、礼儀正し過ぎて、めんどくさい人。どっちも私的にはめんどくさい。笑 東部は、卒がないかな。持ち物が良い人が多いかも。これは私がちょこっと、ディールした数少ないお客さんからの印象だから、絶体ではないし、色んな人が合いるから一概に言えないけど、その土地その土地でキャラは少しずつ違うと感じた。

 

本当に、いろんな国が寄り集まった様なアメリカだと私は思うけど、州によって色んな事が違う。厄介って言えば厄介なんだけどね。何処に住めばいいのか?のチョイスが多いって言えばそうなのかもね。笑

 

もっと涼しくって、1年のうち2/3は心地よい気候で、水に囲まれて無くって、馬鹿っ高い値段じゃない、安全な食材が買える所で、病院のチョイスがあって、インターナショナルエアポートが近い所ってないかしらね?サンアントニオがそれに近かったけど、劇暑いのがダメだね。笑

 

おお、昨晩のオースティンでのWVHのコンサート、行かなかった。やっぱり、デルタ株が怖いわ!だってね、ICUのベッドの空きはもうないのよ、ここに、2つしかないどちらの病院も。ジジイとババアは、やめといた方が良いな、今は、って。

 

ウォルフィー、ゴメン!行けなくって!コロナが収まったら絶対行くから!それまで、頑張って生き残るよ!(友達かい?!)

 

ばあさんの楽しみが、一つ増えたと言う事で。